電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-16 10:25
局所的な動き属性の立体相互相関特徴による行動認識
松川 徹筑波大)・栗田多喜夫筑波大/産総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文は行動認識のための局所的な動き属性の立体相互相関を用いた時空間特徴を提案する.近年,立体高次局所自己相関(CHLAC)特徴が行動認識問題において高い識別性能を示している.従来の研究ではCHLAC特徴は動いているか静止しているかを表す2値の画像列に対して適用された.しかし,各2値画像列は動きのタイミングや動きの方向などの様々な情報は含んでいない.従って,CHLAC特徴を複数種類の局所的な動き属性を考慮した多値の動き画像列に拡張することで認識精度を更に改善することができる.提案手法はbag-of-featuresアプローチの拡張と見ることもできる.2つのデータセットを用いた実験により提案手法がCHLACとbag-of-featuresよりも高い認識率で認識が行できることを確認した. 
(英) This paper proposes a spatio-temporal feature using three-way cross-correlations of local motion attributes for action recognition. Recently, the cubic higher-order local auto-correlations (CHLAC) feature has been
shown high classification performances for action recognition. In previous researches, CHLAC feature was applied to binary motion image sequences that indicate moving or static points. However, each binary motion image lost informations about the type of motion such as timing of change or motion direction. Therefore, we can improve the classification accuracy further by extending CHLAC to multivalued motion image sequences that are obtained from several types of local motion attributes. The proposed method is also viewed as an extension of popular bag-of-features approach.Experimental results using two datasets show the proposed method outperformed CHLAC features and bag-of-features approach.
キーワード (和) 行動認識 / 立体高次局所自己相関特徴 / bag-of-features / / / / /  
(英) Action recognition / CHLAC features / bag-of-features / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 470, PRMU2009-285, pp. 305-310, 2010年3月.
資料番号 PRMU2009-285 
発行日 2010-03-08 (PRMU, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU HIP  
開催期間 2010-03-15 - 2010-03-16 
開催地(和) 鹿児島大 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 顔・人物・ジェスチャ・行動 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-03-PRMU-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所的な動き属性の立体相互相関特徴による行動認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Action recognition using cubic cross-correlations features of local motion attributes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 行動認識 / Action recognition  
キーワード(2)(和/英) 立体高次局所自己相関特徴 / CHLAC features  
キーワード(3)(和/英) bag-of-features / bag-of-features  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 徹 / Tetsu Matsukawa / マツカワ テツ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 多喜夫 / Takio Kurita / クリタ タキオ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学/産業技術総合研究所 (略称: 筑波大/産総研)
University of Tsukuba/National Institute of Advenced Industrial Science and Technology (略称: Univ. of Tsukuba/AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-16 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-285,IEICE-HIP2009-170 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.470(PRMU), no.471(HIP) 
ページ範囲 pp.305-310 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2010-03-08,IEICE-HIP-2010-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会