お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-15 17:20
1/4画素精度動き補償を併用したMPEG-1動画像のロスレス再符号化
若林 慧青森 久松田一朗伊東 晋東京理科大)・内藤 整酒澤茂之KDDI研IE2009-196
抄録 (和) 筆者らは,MPEG-1で符号化されている動画像を一切の画質劣化なしに更に圧縮させるロスレス再符号化方式を開発している.この方式では,MPEG-1ビットストリームから抽出される量子化済みのDCT係数に対し,空間方向の相関を利用したイントラ予測と多値算術符号器を用いることで符号量の削減を実現している.一方,時間方向の予測については,MPEG-1標準の中で半画素精度の動ベクトルに基づいた動き補償予測が用いられているが,動ベクトルをより高精度にすることで予測性能を更に改善できると考えられる.そこで本稿では,非イントラマクロブロックに対して1/4画素精度動き補償予測の導入を図った.符号化シミュレーションの結果,本手法により符号化レートを最大6%程度削減可能であることが確認された. 
(英) We are developing an efficient lossless re-encoding scheme for video data which are already encoded by the MPEG-1 video coding standard. In this scheme, intra prediction which exploits spatial correlations of video signals and adaptive arithmetic coding are used for further compression of DCT coefficients extracted from the original MPEG-1 bitstream. With respect to temporal correlations, motion compensated prediction using motion vectors with half-pel accuracy is employed in the MPEG-1. It is expected that performance of the prediction could be improved by using more accurate motion vectors. In this paper, therefore, we introduce a quarter-pel motion compensation technique into non-intra coded blocks. Simulation results indicate that the proposed method can provide bit-rate savings of up to 6% for tested sequences.
キーワード (和) MPEG-1 / ロスレス再符号化 / 算術符号 / イントラ予測 / 1/4画素精度動き補償 / / /  
(英) MPEG-1 / Lossless Re-encoding / Arithmetic Code / Intra Prediction / Quarter-Pel Motion Compensation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 469, IE2009-196, pp. 97-102, 2010年3月.
資料番号 IE2009-196 
発行日 2010-03-08 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2009-196

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2010-03-15 - 2010-03-15 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) RIEC Bldg. #2, 4gh Floor, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 視覚情報処理、画像メディア処理・符号化、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1/4画素精度動き補償を併用したMPEG-1動画像のロスレス再符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lossless Re-encoding of MPEG-1 Video with Quarter-Pel Motion Compensation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPEG-1 / MPEG-1  
キーワード(2)(和/英) ロスレス再符号化 / Lossless Re-encoding  
キーワード(3)(和/英) 算術符号 / Arithmetic Code  
キーワード(4)(和/英) イントラ予測 / Intra Prediction  
キーワード(5)(和/英) 1/4画素精度動き補償 / Quarter-Pel Motion Compensation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 若林 慧 / Kei Wakabayashi / ワカバヤシ ケイ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青森 久 / Hisashi Aomori / アオモリ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 一朗 / Ichiro Matsuda / マツダ イチロウ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 晋 / Susumu Itoh / イトウ ススム
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 内藤 整 / Sei Naito / ナイトウ セイ
第5著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Lab.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒澤 茂之 / Shigeyuki Sakazawa / サカザワ シゲユキ
第6著者 所属(和/英) 株式会社 KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI R&D Lab.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-15 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2009-196 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会