お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-15 14:50
360度パノラマシステムのための音声ガイドによるオートナビゲーション
三宅芳博大神慶久吉田直樹荒屋真二福岡工大IE2009-189
抄録 (和) 現在Web上に公開されている大部分のパノラマシステムでは,ユーザがパノラマを鑑賞する際,付属のマップあるいはパノラマ画像内に表示されたマークをクリックすることで目的のパノラマを選択する必要がある.そのため,大規模なパノラマシステムでは,ユーザの操作負担をなるべく減らし,見所のパノラマを見落とさないようにガイドを行う機能が有用であると考えられる.そこで本稿では,主要な移動コースをあらかじめ用意し,それに沿って一連のパノラマが自動的に切り替わり,かつ被写体について音声合成によるガイドを行うオートナビゲーションシステムの開発を行ったので報告する. 
(英) In the majority of panorama systems on the Web users must select the panoramas from the map of attachment or click a mark displayed in the panorama when the users want to see another panorama. Therefore, the function to decrease the user's operation burden as much as possible and to guide so as not to overlook the highlights of the panorama is useful in the large-scale panorama systems. Then, this paper proposes an automated navigation system for 360-degree panoramas that automatically changes the panoramas, and guides objects by the character agent using speech synthesis.
キーワード (和) パノラマシステム / オートナビゲーション / 音声エージェント / キャラクタエージェント / ユーザインタフェース / / /  
(英) panorama system / automated navigation / character agent / speech synthesis / user interface / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 469, IE2009-189, pp. 59-63, 2010年3月.
資料番号 IE2009-189 
発行日 2010-03-08 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2009-189

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2010-03-15 - 2010-03-15 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) RIEC Bldg. #2, 4gh Floor, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 視覚情報処理、画像メディア処理・符号化、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 360度パノラマシステムのための音声ガイドによるオートナビゲーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Voice-Guided Auto Navigation for 360-degree Panorama System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パノラマシステム / panorama system  
キーワード(2)(和/英) オートナビゲーション / automated navigation  
キーワード(3)(和/英) 音声エージェント / character agent  
キーワード(4)(和/英) キャラクタエージェント / speech synthesis  
キーワード(5)(和/英) ユーザインタフェース / user interface  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三宅 芳博 / Yoshihiro Miyake / ミヤケ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大神 慶久 / Yoshihisa Oogami / オオガミ ヨシヒサ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 直樹 / Naoki Yoshida / ヨシダ ナオキ
第3著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒屋 真二 / Shinji Araya / アラヤ シンジ
第4著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-15 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2009-189 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IE-2010-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会