お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-15 15:35
スナップ写真からの3次元顔モデル高速自動生成
前島謙宣森島繁生早大PRMU2009-258 HIP2009-143
抄録 (和) 本報告では, スナップ写真から写真中の人物らしい3次元顔モデルを高速自動生成する手法について述べる. 提案手法は3次元顔形状の事前知識として1153人の3次元顔モデルから構築される顔変形モデルと, 顔形状の分布に対してフィッティングされた混合ガウス分布モデルを用いる. 3次元顔形状は, 画像から自動検出される顔特徴点と顔変形モデル上の対応頂点との残差の二乗和が最小かつその時の顔変形モデルのモデルパラメータに対する混合ガウス分布モデルの尤度が最大となるようなエネルギー最小化問題を解くことにより推定される. 提案手法に対する性能評価実験の結果から, 平均1.2秒の処理時間で 2.1mmの精度誤差を持つ3次元顔モデルが生成可能であることを示す. 
(英) In this paper, we have developed a method to fast-automatically generate an individual 3D face model with a plausible 3D geometry estimated from a facial snapshot using a prior knowledge of the 3D facial geometry. This prior knowledge consists of the deformable face model and the Gaussian Mixture Model learnt from 1,153 male/female and young/elderly of pre-modeled face models. A 3D geometry is estimated by optimizing an energy function for parameters of the deformable face model and deforming it according to the optimum parameters. The energy function is designed as the combination the vertex error term and the likelihood term. The vertex error term is defined as the sum of the Euclid distance between each feature point detected from a input snapshot and its corresponding vertex for the deformable face model. The likelihood term consisted of the GMM constrains parameters of the deformable face model to be guaranteed that the estimated 3D geometry does not collapse. Through the evaluation experiment, we show that the proposed method can generate a 3D face model with 2.1 [mm] estimation error in 1.2 seconds.
キーワード (和) 3次元顔モデル / 顔変形モデル / 混合ガウス分布モデル / エネルギー最小化問題 / / / /  
(英) 3D Face Model / Deformable Face Model / Gaussian Mixture Model / Energy Minimization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 470, PRMU2009-258, pp. 145-150, 2010年3月.
資料番号 PRMU2009-258 
発行日 2010-03-08 (PRMU, HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2009-258 HIP2009-143

研究会情報
研究会 PRMU HIP  
開催期間 2010-03-15 - 2010-03-16 
開催地(和) 鹿児島大 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 顔・人物・ジェスチャ・行動 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2010-03-PRMU-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スナップ写真からの3次元顔モデル高速自動生成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast-Automatic 3D Face Model Generation From Single Snapshot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元顔モデル / 3D Face Model  
キーワード(2)(和/英) 顔変形モデル / Deformable Face Model  
キーワード(3)(和/英) 混合ガウス分布モデル / Gaussian Mixture Model  
キーワード(4)(和/英) エネルギー最小化問題 / Energy Minimization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前島 謙宣 / Akinobu Maejima / マエジマ アキノブ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森島 繁生 / Shigeo Morishima / モリシマ シゲオ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-15 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2009-258,IEICE-HIP2009-143 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.470(PRMU), no.471(HIP) 
ページ範囲 pp.145-150 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2010-03-08,IEICE-HIP-2010-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会