お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-15 10:20
パン・ティルト・カメラにより獲得される動画像からのカメラの回転パラメータの推定法に関する検討 ~ 動物体を含む撮像シーンからのロバストな推定法の検討 ~
栃折泰史大谷 淳早大)・江畑 勝エム・ソフトIE2009-179
抄録 (和) 本論文では,パン・ティルト・カメラから獲得された動画像における各フレームでのカメラの姿勢(回転パラメータ)を推定する手法を提案する.特に,撮像対象シーンに動物体を含む場合への対処法を検討する.まず検出・追跡した2つの特徴点を,カメラの光学中心を中心,焦点距離を半径とした仮想球体上に投影を行い,仮想球体上の特徴点2個と光軸と仮想球の交点が作る三角形の合同を利用して,回転パラメータを推定する.動物体を含む撮像シーンにおいてもロバストに推定するために,特徴点が物理空間上で静止物体・動物体のいずれかに対応しているかの識別を,特徴点2点間の距離がパン・ティルト後も等距離を保つかどうかを判断することにより行う.本論文では提案手法についてシミュレーションと実画像を対象とする実験を行い,その有効性を検証する. 
(英) This paper proposes a method for estimating pan-tilt camera's rotational parameters from the video sequence acquired by the camera. In particular, this paper studies a method that deals with moving objects in the observed scene. First, detected and tracked two feature points are projected to the surface of the virtual shphere, whose center is the camera's opytical center and whose radius is the camera's focal length, so that the pan and tilt angles are estimated by using the congruence of the triangles formed by the projected two feature points and optical axis. To estimate the pan-tilt angles accurately, the feature points should be detected from the static objects. This paper discriminates the static objects from the moving objects by judging whether the distance between 2 feature points stays constant or not. The validity of the proposed method is demonstrated through simulation and experiments using real scenes.
キーワード (和) パン・ティルト / キャリブレーション / 外部パラメータ / 特徴点 / / / /  
(英) Pan-Tilt / Calibration / Extrinsic Parameter / Feature Point / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 469, IE2009-179, pp. 1-6, 2010年3月.
資料番号 IE2009-179 
発行日 2010-03-08 (IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IE2009-179

研究会情報
研究会 IE  
開催期間 2010-03-15 - 2010-03-15 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) RIEC Bldg. #2, 4gh Floor, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 視覚情報処理、画像メディア処理・符号化、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-03-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パン・ティルト・カメラにより獲得される動画像からのカメラの回転パラメータの推定法に関する検討 
サブタイトル(和) 動物体を含む撮像シーンからのロバストな推定法の検討 
タイトル(英) Study of Estimating a Pan-Tilt Camera's Rotational Parameters from the Video Sequence Acquired by the Camera 
サブタイトル(英) Study of Robust Estimation from the Scenes Including Moving Objects 
キーワード(1)(和/英) パン・ティルト / Pan-Tilt  
キーワード(2)(和/英) キャリブレーション / Calibration  
キーワード(3)(和/英) 外部パラメータ / Extrinsic Parameter  
キーワード(4)(和/英) 特徴点 / Feature Point  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栃折 泰史 / Yasufumi Tochiori / トチオリ ヤスフミ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda Universicty (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 淳 / Jun Ohya / オオヤ ジュン
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda Universicty (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 江畑 勝 / Masaru Ebata / エバタ マサル
第3著者 所属(和/英) エム・ソフト (略称: エム・ソフト)
M Soft (略称: M Soft)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-15 10:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-IE2009-179 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IE-2010-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会