お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-13 14:00
自針と分針:映像からの人物抽出によるメディアアート
松村成朗冨樫政徳大谷智子山崎俊彦相澤清晴鈴木康広東大MVE2009-147
抄録 (和) 画像から人物領域を切り出す技術は様々な用途に利用されており,画像処理の主要な課題の一つとなっている.近年ではメディアアートの分野においてもインタラクティブな作品に画像処理技術を利用する物が増えてきているが,作品を見ている人物自身の姿や行動を作品に反映させる為には,正確な切り出しが必要となる.そこで本稿では,実時間でメディアアートに利用可能な精度で画像分割を行うシステムを開発し,切り出した人物画像を時計の針として利用した作品「自針と分針」を制作した.2009年10月9日~2010年1月11日まで羽田空港で開催された「空気の港 ~テクノロジー×空気で感じる新しい世界~」,および2009年11月26日~2010年1月31日まで東京大学本部棟・情報理工学研究科紹介で,一般に向けた展示を行った.特に,羽田空港という巨大な公共の空間で長期間,多数の人に体験してもらうことで,システムの有効性やメディアアートとしての作品性などを評価することができた. 
(英) In image process, a human extraction method is used in various ways and one of the most important problems. Some interactive works use an image processing method in recent media art, and they requre proper extraction. In this paper, we propose an image segmentation system, which can extract image in real-time. We made "Please Watch Your Time," which use a human figure for an arm of a clock. It was exhibited in Haneda Airport from Oct. 9, 2009 until Jan. 11, 2010 and in Administration Bureau of the University of Tokyo, and we can evaluate its effect and artistry.
キーワード (和) メディアアート / 人物検出 / グラフカット / / / / /  
(英) Media Art / Human Detection / Graph Cut / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 466, MVE2009-147, pp. 113-118, 2010年3月.
資料番号 MVE2009-147 
発行日 2010-03-05 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2009-147

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2010-03-12 - 2010-03-13 
開催地(和) 東芝科学館 
開催地(英) Toshiba Science Museum 
テーマ(和) デジタルミュージアムとエンタテインメントメディア(情処ECと連催,VR学会SIG-A+Eと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2010-03-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自針と分針:映像からの人物抽出によるメディアアート 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Please Watch Your Time: Media Art using Human Extraction from Camera Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メディアアート / Media Art  
キーワード(2)(和/英) 人物検出 / Human Detection  
キーワード(3)(和/英) グラフカット / Graph Cut  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 成朗 / Naruaki Matsumura / マツムラ ナルアキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨樫 政徳 / Masanori Togashi / トガシ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 智子 / Tomoko Ohtani / オオタニ トモコ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 俊彦 / Toshihiko Yamasaki / ヤマサキ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 相澤 清晴 / Kiyoharu Aizawa / アイザワ キヨハル
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 康広 / Yasuhiro Suzuki / スズキ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-13 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2009-147 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.466 
ページ範囲 pp.113-118 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2010-03-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会