お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-12 15:10
NE仕様定義の自動生成による大規模OSSソフトウェア生産性向上法の提案
山本直樹中村貴由紀安田洋史ドコモ・テクノロジ)・高橋和秀NTTドコモICM2009-68
抄録 (和) 筆者らは,オペレーションサポートシステム(OSS:Operation Support System)が管理するネットワーク機器(NE:Network Element)の外部仕様(以降,NE仕様定義と呼ぶ.)をプログラム論理から分離・局在化し,コンパイルが不要な軽量プログラミング言語(XML)を用いて記述することで,ウォーターフォール型開発プロセスにおける設計・試験工程を簡略化し,ソフトウェアの生産性向上を図ってきた.筆者らは,OSSの機能追加開発における更なるソフトウェア生産性向上手法として,NE仕様定義からXMLソースコードを自動生成するツールを試作すると共に実開発に適用した結果,開発工程全体で約70%の開発工数削減を実現した. 
(英) We have simplified software design and verification processes in waterfall model by adopting Lightweight Language (XML) which is unnecessary to compile, and isolating external interface definition between Operation Support System (OSS) and Network Element (NE) (hereinafter, referred to as NE specification definition) from program logic, to improve software productivity. We develop and apply a tool that generates XML source code automatically from NE specification definition; as a result, we reduce 70% of software development period.
キーワード (和) オペレーションサポートシステム / XML / NE仕様定義 / ソースコード自動生成 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 463, ICM2009-68, pp. 133-138, 2010年3月.
資料番号 ICM2009-68 
発行日 2010-03-04 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2009-68

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2010-03-11 - 2010-03-12 
開催地(和) おきえらぶフローラルホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 情報通信マネジメント、および一般 
テーマ(英) ICT System Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2010-03-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NE仕様定義の自動生成による大規模OSSソフトウェア生産性向上法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A proposal on improvement of large-scale OSS software productivity using Automatic Generator of NE specification definitions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オペレーションサポートシステム /  
キーワード(2)(和/英) XML /  
キーワード(3)(和/英) NE仕様定義 /  
キーワード(4)(和/英) ソースコード自動生成 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 直樹 / Naoki Yamamoto / ヤマモト ナオキ
第1著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, Inc. (略称: DOCOMO Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 貴由紀 / Takayuki Nakamura / ナカムラ タカユキ
第2著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, Inc. (略称: DOCOMO Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 洋史 / Hiroshi Yasuda / ヤスダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) ドコモ・テクノロジ株式会社 (略称: ドコモ・テクノロジ)
DOCOMO Technology, Inc. (略称: DOCOMO Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 和秀 / Kazuhide Takahashi / タカハシ カズヒデ
第4著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-12 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2009-68 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.463 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2010-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会