お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-10 15:25
誤差フィードバックのタイミングが視覚運動変換の適応に与える影響 ~ 仮想投てき課題を用いた運動終了と課題終了の分離 ~
石川拓海阪口 豊電通大NC2009-127
抄録 (和) 到達運動のプリズム適応において,終点位置の視覚フィードバックが運動終了時刻より50ミリ秒以上遅れると残効量が有意に減少することが報告されている(Kitazawa et al. 1995).この現象は,プリズム適応のゲインが運動終了後の一定の「時間窓」において高いことを示している.本研究では,脳が何を手がかりにしてこの時間窓を定めているのかを明らかにすることを目的に,仮想投てき運動課題を題材とした行動実験を行った.その結果,動作終了(手首の運動の終わり)の時刻から誤差フィードバックまでの時間よりも,課題終了(投てき物の着弾)の時刻から誤差フィードバックまでの時間の方が適応ゲインに大きな影響を与えることが明らかになった. 
(英) Kitazawa et al. (1995) reported that the aftereffect of prism adaptation in manual reaching task was significantly reduced if the visual feedback of the endpoint was delayed more than 50 ms. This suggests that the gain of prism adaptation is higher in a certain "time window" after the movement offset. The authors ran a behavioral experiment on the prism adaptation in a virtual shooting task, asking what sensory cue opens this "time-window." The result showed that the time between the task end (the impact time of a virtual ball) and the visual feedback gave a larger effect on the adaptation gain, compared to the time between the movement end (the offset of the wrist movement) and the visual feedback.
キーワード (和) 視覚運動変換 / プリズム適応 / 視覚情報 / 運動学習 / 仮想投てき課題 / フィードバック遅れ時間 / /  
(英) visuo-motor transformation / prism adaptation / visual information / motor learning / virtual shooting task / feedback delay / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 461, NC2009-127, pp. 231-236, 2010年3月.
資料番号 NC2009-127 
発行日 2010-03-02 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2009-127

研究会情報
研究会 NC MBE  
開催期間 2010-03-09 - 2010-03-11 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2010-03-NC-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 誤差フィードバックのタイミングが視覚運動変換の適応に与える影響 
サブタイトル(和) 仮想投てき課題を用いた運動終了と課題終了の分離 
タイトル(英) Effect of error-feedback timing on adaptation of visuo-motor transformation 
サブタイトル(英) Dissociation of movement end and task end using a virtual shooting task 
キーワード(1)(和/英) 視覚運動変換 / visuo-motor transformation  
キーワード(2)(和/英) プリズム適応 / prism adaptation  
キーワード(3)(和/英) 視覚情報 / visual information  
キーワード(4)(和/英) 運動学習 / motor learning  
キーワード(5)(和/英) 仮想投てき課題 / virtual shooting task  
キーワード(6)(和/英) フィードバック遅れ時間 / feedback delay  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 拓海 / Takumi Ishikawa / イシカワ タクミ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 豊 / Yutaka Sakaguchi / サカグチ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-10 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2009-127 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.461 
ページ範囲 pp.231-236 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2010-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会