お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-10 14:25
少数自由度,大自由度,自由度無限大のカオスダイナミクス
葛城大介京都薬科大NLP2009-179
抄録 (和) グローバルに結合したカップルド・マップ・ラティスにおいて,システムサイズ$N$が小さいとき($N=10$),大きいとき($N=10,000$),および,無限大の極限のときの平均場のリターンマップを比較した.システムサイズが無限大の極限のときには,非線形Frobenius-Perron方程式を使った.システムサイズが小さいときの平均場のリターンマップはカップリングの強さにはほとんど影響を受けなかった.一方で,システムサイズが大きいときのリターンマップは,ほとんどの場合,システムサイズ無限大の極限のときのリターンマップがゆらいだ形になっていることがわかった. 
(英) In globally coupled map lattices, we study the return maps of the mean field when system size $N$ is small, large and infinite. Here, we adopt $N=10$ in small system size, $N=10,000$ in large system size, and nonlinear Frobenius-Perron equation in system size infinity. When the system size is small, the return maps of the mean field are not affected by the coupling strength. It is found that in most cases the return maps in large system have the fluctuated those in system size infinity.
キーワード (和) カップルド・マップ・ラティス / 非線形Frobenius-Perron方程式 / 非対称テントマップ / リターンマップ / 密度関数 / / /  
(英) coupled map lattice / nonlinear Frobenius-Perron equation / skew tent map / return map / density / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 458, NLP2009-179, pp. 121-124, 2010年3月.
資料番号 NLP2009-179 
発行日 2010-03-02 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2009-179

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2010-03-09 - 2010-03-10 
開催地(和) 上智大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2010-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 少数自由度,大自由度,自由度無限大のカオスダイナミクス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Few degrees, large degrees and infinity of degrees of freedom in chaos dynamics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カップルド・マップ・ラティス / coupled map lattice  
キーワード(2)(和/英) 非線形Frobenius-Perron方程式 / nonlinear Frobenius-Perron equation  
キーワード(3)(和/英) 非対称テントマップ / skew tent map  
キーワード(4)(和/英) リターンマップ / return map  
キーワード(5)(和/英) 密度関数 / density  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛城 大介 / Daisuke Katsuragi / カツラギ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都薬科大学 (略称: 京都薬科大)
Kyoto Pharmaceutical University (略称: Kyoto Pharmaceutical Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-10 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2009-179 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.458 
ページ範囲 pp.121-124 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2010-03-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会