お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-09 15:30
高速/低速イメージセンサを用いた可視光測位システム
新井雅裕田中稔也鈴木修司春山真一郎中川正雄慶大PN2009-102
抄録 (和) 近年、GPS技術による位置測定システムが注目されている。GPSは衛星を用いた電波による測位システムであるため広範囲で使用が可能であり、その需要は今後ますます高まってゆくと考えられる。しかし、GPSは数メートルから数十メートル程度の誤差が生じる上に、マルチパスや電波障害により精度が悪化してしまうために、高精度な測位を行うためには精度が不十分である。また電波の届かない場所では使用が不可能だという事実も問題となっている。そこで本論文ではGPSが使えない場所でも使用可能であり、LED照明さえあればどこでも使用可能である高精度な可視光測位システムを提案する。そして実際にシステムを実装し、レンズの絞りや光源の大きさによる誤差の変化を比較することで、実験的評価によりその有効性を示す。 
(英) This paper proposes a new positioning method using visible light communication technology. The white LEDs and two types of image sensors are used to detect the position of a visible light receiver. We achieved position accuracy of less than 2cm using our method. We applied our method to control a robot and demonstrated that accurate position control of a robot was feasible.
Keyword Visible-light Communication,Image Sensor,Positioning System
キーワード (和) 可視光通信 / イメージセンサ / 測位システム / / / / /  
(英) Visible-light Communication / Image Sensor / Positioning System / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 455, PN2009-102, pp. 91-96, 2010年3月.
資料番号 PN2009-102 
発行日 2010-03-01 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-102

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2010-03-08 - 2010-03-09 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohama Nobumoto Memorial Hall 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2010-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高速/低速イメージセンサを用いた可視光測位システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visible-Light Positioning System with High Speed/Low Speed Image Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible-light Communication  
キーワード(2)(和/英) イメージセンサ / Image Sensor  
キーワード(3)(和/英) 測位システム / Positioning System  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 雅裕 / Masahiro Arai / アライ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 稔也 / Toshiya Tanaka / タナカ トシヤ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 修司 / Shuji Suzuki / スズキ シュウジ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 真一郎 / Shinichiro Haruyama / ハルヤマ シンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 正雄 / Masao Nakagawa / ナカガワ マサオ
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-09 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2009-102 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.91-96 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2010-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会