お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-08 17:00
テキストマイニング技術を用いたソフトウェアの類似性分析
岸本康成坂本 啓佐藤宏之小林 透NTTSS2009-61
抄録 (和) 企業において既存システムのクラウド環境への移行を効率的に行うには,既存システムのソフトウェア資産の共通性などを分析し,再利用可能な共通機能を見極めることが重要と考える。既存ソフトウェア資産を類似した資産に分類することは既存資産の全体像把握や類似性に基づく探索を可能にするため,既存資産から再利用可能なソフトウェアを探すのに有用である。ソフトウェアの類似性分析手法の1つとして,従来,テキストマイニング技術を用いる手法があるが,分析対象データに企業内部のソフトウェア資産を用いた例は少ない。そこで,本研究ではテキストマイニング技術による類似性分析手法を実際に企業のソフトウェア資産に対して適用し,その有用性について確認した。 
(英) If enterprises want to migrate their existing systems to cloud computing environment efficiently, it is considered important to find out the reusable common functions using their software assets for such as commonality analysis. Classifying the existing software assets according to similarity analysis is useful for locating the reusable software because it enables the overview and search based on similarity of them. There is a method that uses text mining technology as one of the methods of analyzing the software similarity. Though there have been some studies on the method so far, few have used enterprise software assets for analysis. Then, in this research, we actually applied the method to the enterprise software assets and confirmed the utility.
キーワード (和) テキストマイニング / ソフトウェア / 類似性分析 / 主成分分析 / クラスタ分析 / / /  
(英) Text Mining / Software / Similarity Analysis / Principal Component Analysis / Cluster Analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 456, SS2009-61, pp. 79-84, 2010年3月.
資料番号 SS2009-61 
発行日 2010-03-01 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2009-61

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2010-03-08 - 2010-03-08 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2010-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テキストマイニング技術を用いたソフトウェアの類似性分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Empirical Analysis of Software Similarity Using Text Mining Technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テキストマイニング / Text Mining  
キーワード(2)(和/英) ソフトウェア / Software  
キーワード(3)(和/英) 類似性分析 / Similarity Analysis  
キーワード(4)(和/英) 主成分分析 / Principal Component Analysis  
キーワード(5)(和/英) クラスタ分析 / Cluster Analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸本 康成 / Yasunari Kishimoto / キシモト ヤスナリ
第1著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 啓 / Akira Sakamoto / サカモト アキラ
第2著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 宏之 / Hiroyuki Sato / サトウ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 透 / Toru Kobayashi / コバヤシ トオル
第4著者 所属(和/英) NTT情報流通プラットフォーム研究所 (略称: NTT)
NTT Information Sharing Platform Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-08 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2009-61 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.79-84 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2010-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会