お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-08 13:10
状況に応じた設計情報の再利用を支援するUML図の自動推薦ツール
松下 誠早瀬康裕松下 誠井上克郎阪大SS2009-54
抄録 (和) ソフトウェア開発において,適切な再利用を行うことによりソフトウェアの生産性や信頼性が向上するとされている.
そして,再利用の対象は大きく設計情報とソフトウェア部品に分けることが出来る.
現在,ソフトウェアの設計情報の再利用を行う手法には,プロダクトライン開発がある.
しかし,過去の製品の一部分を流用する再利用はあまり行われていない.
そこで,本研究では設計情報の中でもソフトウェア設計の際によく用いられるUML図の再利用に着目し,UML図の自動推薦ツールを作成した.
本ツールでは,作成中のUML図から情報を取得し,それと類似した情報を持つUML図の検索を自動的に行う.
また,本ツールを用いた実験を行い,作成中のUML図に対して適切な類似UML図が推薦されることを確認した. 
(英) In software development, reuse improves software quality and productivity.
And an object of reuse is software design and components.
Software product line development is an approach to reusing software design.
However, the approach cannot reccomends the design flexibly.
Therefore, in the paper, we develop an automatic Unified Modeling Language(UML) diagram recommendation tool.
When developer make UML diagram, this tool can retrieve and recommend UML diagrams similar to it automatically.
In addition, we performed experimentation to show that this tool can recommend suitable UML diagrams.
キーワード (和) UML図 / 再利用 / 自動推薦 / / / / /  
(英) UML Diagram / Reuse / Automatic Recommendation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 456, SS2009-54, pp. 37-42, 2010年3月.
資料番号 SS2009-54 
発行日 2010-03-01 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2009-54

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2010-03-08 - 2010-03-08 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2010-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 状況に応じた設計情報の再利用を支援するUML図の自動推薦ツール 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic UML Diagram Recommendation Using Editing Context 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UML図 / UML Diagram  
キーワード(2)(和/英) 再利用 / Reuse  
キーワード(3)(和/英) 自動推薦 / Automatic Recommendation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 誠 / Makoto Matsushita / マツシタ マコト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 早瀬 康裕 / Yasuhiro Hayase / ハヤセ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 誠 / Makoto Matsushita / マツシタ マコト
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 克郎 / Katsuro Inoue / イノウエ カツロウ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-08 13:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2009-54 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2010-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会