お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-08 15:50
実行履歴情報を用いたオブジェクト指向ソフトウェアテスト手法の提案
森 淳郎上田賀一茨城大SS2009-73
抄録 (和) 現代の開発において,複雑化,大規模化が進んでいるが,それに反して短納期化,低コスト化,高品質化が望まれている.
テストは品質に対して非常に深く関わっており,テスト工程の効率化は非常に重要である.
オブジェクト指向で開発されたソフトウェアはメッセージ通信で動作しているため,エラーの発生原因であるバグ存在箇所を発見することは難しい.
本研究では実行履歴を分析することによりバグ存在箇所を推定する手法を提案する.
複数のテストケースから,仕様と矛盾している実行履歴と,仕様と合致している実行履歴の対をアスペクト指向によって取得し,比較することで差分と関連しているメソッドに着目し,判定する手法である. 
(英) Nowadays, software developments are becoming complexity, increasing scale, but those are expected shorter deadline, lower cost, and higher quality.
Testing affects those quality deeply, so the promotion of efficiency of the testing process is very important.
Software in object-oriented developments is difficult to point out the bug existence place that is the origin of the error beacause it is executed by message communication.
This study suggests technique to estimate the bug existence place by analyzing the execution logs.
This technique focuses and decides a method whitch is related to different places by getting execution logs using aspect-oriented and comparing different from concurrent and contradiction specification from a couple of testcases.
キーワード (和) オブジェクト指向 / アスペクト指向 / ソフトウェアテスト / / / / /  
(英) Object-oriented / Aspect-oriented / Software testing / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 456, SS2009-73, pp. 151-156, 2010年3月.
資料番号 SS2009-73 
発行日 2010-03-01 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SS2009-73

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2010-03-08 - 2010-03-08 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2010-03-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 実行履歴情報を用いたオブジェクト指向ソフトウェアテスト手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Testing Method for Object-Oriented Software Using Execution Logs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) オブジェクト指向 / Object-oriented  
キーワード(2)(和/英) アスペクト指向 / Aspect-oriented  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェアテスト / Software testing  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 淳郎 / Junro Mori / モリ ジュンロウ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 賀一 / Yoshikazu Ueda / ウエダ ヨシカズ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-08 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2009-73 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.456 
ページ範囲 pp.151-156 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2010-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会