お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-08 11:15
波長群変換・波長変換機能を有する多階層光パスネットワークの設計法
中野一輝山田祥之長谷川 浩佐藤健一名大PN2009-89
抄録 (和) 本稿では波長群パスを導入した多階層光パスネットワークにおいて,波長変換・波長群変換の双方もしくは波長変換のみを考慮しながら準最適なコスト下限値を示す設計法を提案する.提案手法では,多階層光パスネットワークの設計問題を二段階の整数線形計画問題に分割することにより,計算時間の短縮を図っている.波長変換のみを考慮した提案手法により設計されたネットワークでは,変換を考慮しない設計法[柳生他’08]により設計されたネットワークと比べ最大30%程度のネットワークコスト(波長変換器のコストは除く)が削減される.これにより,一階層光パスネットワークに対して多階層光パスネットワークがコスト優位となり難いトラフィックが少ない条件においても,コスト優位となる領域を広げている.本稿は同時に,波長変換のみを十分に用いた場合には,波長群変換を併用した場合と比べ遜色ないコスト削減効果が得られることを示す. 
(英) In this paper, we propose design algorithms for hierarchical optical path networks with waveband/wavelength conversion or only with wavelength conversion. Although the design issue of networks with full waveband/wavelength conversion is free from the waveband/wavelength assignment, the cost minimization is hard to solve due to the degree of freedom in determination of waveband path location. Thus we firstly divide the original problem into sequential two-stage integer linear programming formulations that respectively concentrate on wavelength/waveband path accommodation. We also develop the other formulation on a multi-layered graph that allows us to simultaneously optimize both waveband routing and assignment. Numerical experiments elucidate that, without considering the cost of converters, the proposed algorithm achieves up to 30% cost reduction compared with a conventional algorithm without wavelength conversion [Yagyu, et al., 08]. Over a broad range of traffic demand, hierarchical optical path networks designed by the proposed algorithm achieves lower cost than single layer optical path networks where existing algorithms failed to realize the cost reduction. In addition, it is shown that, with the full wavelength conversion capability, we can achieve almost the same cost as that given by using the full wavelength/waveband capability.
キーワード (和) 多階層光パスネットワーク / 波長群 / ネットワーク設計 / 経路・波長群・波長割当 / 波長群・波長変換 / 整数線形計画法 / /  
(英) Hierarchical Optical Network / Waveband / Network Design / Routing and Waveband/Wavelength Assignment / Waveband/Wavelength Conversion / Integer Linear Programming / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 455, PN2009-89, pp. 19-24, 2010年3月.
資料番号 PN2009-89 
発行日 2010-03-01 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-89

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2010-03-08 - 2010-03-09 
開催地(和) 大濱信泉記念館(石垣島) 
開催地(英) Ohama Nobumoto Memorial Hall 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英) Photonic network technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2010-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長群変換・波長変換機能を有する多階層光パスネットワークの設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hierarchical Optical Path Network Design Considering Wavelength/Waveband Conversion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多階層光パスネットワーク / Hierarchical Optical Network  
キーワード(2)(和/英) 波長群 / Waveband  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク設計 / Network Design  
キーワード(4)(和/英) 経路・波長群・波長割当 / Routing and Waveband/Wavelength Assignment  
キーワード(5)(和/英) 波長群・波長変換 / Waveband/Wavelength Conversion  
キーワード(6)(和/英) 整数線形計画法 / Integer Linear Programming  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 一輝 / Kazuteru Nakano / ナカノ カズテル
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 祥之 / Yoshiyuki Yamada / ヤマダ ヨシユキ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-08 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2009-89 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.455 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2010-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会