電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 13:20
車車間・路車間通信におけるアクセス先基地局の選択及び無線通信チャネル制御による帯域利用効率化手法
松岡健太郎小川剛史若原 恭東大NS2009-251
抄録 (和) 近年,路車間通信や車車間通信を用いて安全運転支援や自動運転などを実現するシステムが注目され,盛んに研究開発が行われている.
今後,これらのインフラストラクチャが整えば,映像や音声のストリーミングサービスなどエンタテインメント用途にも利用されると考えられる.
本稿では,安定したストリーミングサービスを利用するために,帯域利用効率を向上させるためのアクセス先基地局の選択及び無線通信チャネル制御手法を提案する.
シミュレーション実験による評価により,各車両が最も近い基地局を優先的に利用する手法よりも,全車両の同時利用
帯域を向上できることを確認した. 
(英) In recent years, a lot of researchers have directed their attention to road-to-vehicle and inter-vehicle communication in order to realize safe and automatic driving systems.
If an infrastructure for this communication is built, it will be possible to use streaming services on the Internet from a vehicle.
In this paper, we propose a method for the selection of base station and control of radio channel to improve efficient use of wireless bandwidth.
Through preliminary simulation evaluations, we confirm that our proposed method maintains higher total bandwidth usage of all vehicles than the basic method by which a vehicle always accesses the nearest base station.
キーワード (和) ITS / 車車間通信 / 路車間通信 / ハンドオーバ / ストリーミング / / /  
(英) ITS / Inter-Vehicle Communication / Road-to-Vehicle Communication / Handover / Streaming / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 448, NS2009-251, pp. 501-506, 2010年3月.
資料番号 NS2009-251 
発行日 2010-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-251

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Phoenix Seagaia Resort (Miyazaki) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 4-5) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間・路車間通信におけるアクセス先基地局の選択及び無線通信チャネル制御による帯域利用効率化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improving Efficient Use of Wireless Bandwidth based on Selection of Base Station and Control of Radio Channel over Inter-Vehicle and Road-to-Vehicle Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Inter-Vehicle Communication  
キーワード(3)(和/英) 路車間通信 / Road-to-Vehicle Communication  
キーワード(4)(和/英) ハンドオーバ / Handover  
キーワード(5)(和/英) ストリーミング / Streaming  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 健太郎 / Kentaro Matsuoka / マツオカ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 剛史 / Takefumi Ogawa / オガワ タケフミ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若原 恭 / Yasushi Wakahara / Yasushi Wakahara
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-251 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.448 
ページ範囲 pp.501-506 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会