電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 11:30
スペクトル重複リソースマネジメントにおけるターボ符号器の設計に関する検討
後藤淳悟横枕一成中村 理高橋宏樹浜口泰弘シャープ)・衣斐信介三瓶政一阪大RCS2009-313
抄録 (和) 本稿では,EXIT (EXtrinsic Information Transfer) 解析に基づき,スペクトル重複リソースマネジメント (SORM:Spectrum-Overlapped Resource Management) に適したターボ符号の符号器構成を示す.SORMは,ターボ等化によるマルチユーザの信号検出を前提に一部のスペクトルの重複を許容し,複数のユーザに良好な伝搬路特性の帯域を割り当てる.ターボ等化が正しく収束した場合にシンボル間干渉とユーザ間干渉は完全に除去できるが,繰り返しの初回ではこれらの干渉によりSINR (Signal to Interference and Noise Ratio) が低くなる.一方,ターボ符号は,AWGNチャネルにおいて最適化された符号であり,ウォータフォール領域の動作点に達するまでの誤り訂正能力は低いことから,SORMのような繰り返し処理の初回におけるSINRの低くなる場合に最適でない.そのため,ターボ復号器は等化器とのミスマッチからターボ等化の収束性が悪くなり,高符号化率で誤り率特性が劣化する.そこで本検討では,ターボ符号を構成するコンポーネントエンコーダのEXIT解析を行い,2つのコンポーネントエンコーダの拘束長を変えることで,SORMにおけるターボ符号器の収束性を改善することを示す.また,計算機シミュレーションにより本検討の符号器を用いたSORMでは,高符号化率で誤り率特性が改善することを示す. 
(英) This paper presents a suitable design as turbo encoder for a spectrum-overlapped resource management (SORM) by using EXIT (EXtrinsic Information Transfer) analysis. In the SORM, since each user’s spectrum is allowed to overlap with the other users’ spectra, users are allocated to an arbitrary frequency positions having good channel conditions. The overlapped spectra are detected by a turbo equalizer which is applied as the receiver algorithm. Therefore, if iteration of the turbo equalizer successfully converges, inter-symbol interference (ISI) and inter-user interference (IUI) are completely canceled. However, at the first iteration, SINR (Signal to Interference and Noise Ratio) is low because of influencing these interferences. On the other hand, since turbo codes are optimized in the AWGN channel, error correction hardly work while SINR is lower than correctable SINR. Therefore, a turbo equalizer becomes poorer convergence property due to mismatch turbo decoder and equalizer while equalizer outputs low SINR caused by IUI such as the SORM. Consequently, the performance degrades in the case of using higher coding rate. This paper proposes turbo code with non-identical component encoder for turbo equalizer. We decide constraint length of component encoder according to its EXIT characteristic for improving convergence property and show that proposal turbo code in the SORM improves transmission performance in the higher coding rate.
キーワード (和) SORM / ターボ等化 / EXIT解析 / ターボ符号 / コンポーネントエンコーダ / 拘束長 / /  
(英) SORM / Turbo Equalization / EXIT Analyze / Turbo Code / Component Encoder / Constraint Length / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 440, RCS2009-313, pp. 321-326, 2010年3月.
資料番号 RCS2009-313 
発行日 2010-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-313

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スペクトル重複リソースマネジメントにおけるターボ符号器の設計に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Design of Turbo Code for Spectrum-Overlapped Resource Management 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SORM / SORM  
キーワード(2)(和/英) ターボ等化 / Turbo Equalization  
キーワード(3)(和/英) EXIT解析 / EXIT Analyze  
キーワード(4)(和/英) ターボ符号 / Turbo Code  
キーワード(5)(和/英) コンポーネントエンコーダ / Component Encoder  
キーワード(6)(和/英) 拘束長 / Constraint Length  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 淳悟 / Jungo Goto / ゴトウ ジュンゴ
第1著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横枕 一成 / Kazunari Yokomakura / ヨコマクラ カズナリ
第2著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 理 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第3著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 宏樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 泰弘 / Yasuhiro Hamaguchi / ハマグチ ヤスヒロ
第5著者 所属(和/英) シャープ株式会社 (略称: シャープ)
Sharp Corporation (略称: Sharp Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-313 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.321-326 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会