電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 15:20
関連鍵攻撃によるEnocoroの弱鍵復元の検討
五十嵐保隆岡本和人金子敏信東京理科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Enocoroは軽量ハードウェア向けの疑似乱数生成器である。Enocoroの内部状態の更新関数は幾つかのパラメータを持ち、Enocoro-80, -128, -128v1.1, -128v2の4種類のパラメータが公開されている。v2はv1.1と共通のパラメータを持つが、関連鍵攻撃による弱鍵復元に対する安全性をv1.1よりも強化したアルゴリズムである。本稿では安全性強化前のアルゴリズムであるEnocoro-80, -128, -128v1.1を対象にして関連鍵攻撃による弱鍵復元に対する安全性を評価する。その結果、攻撃者の能力が現実に想定し難い程高い場合、Enocoro-80, -128, -128v1.1は弱鍵復元に対して安全とは言えないことを示す。一方、現実に近い攻撃者の能力を仮定した場合、本稿における弱鍵復元手法をEnocoro-80, -128, -128v1.1にそのまま適用することはできないことを示す。 
(英) Enocoro is a hardware-oriented pseudorandom number generator (PRNG), whose structure is similar to the PRNG named PANAMA. An update function of an internal state of Enocoro has several parameters, and the four algorithms with specific parameters are called Enocoro-80, -128, -128v1.1, and -128v2. The last two algorithms Enocoro-128v1.1 and -128v2 have common parameters, but their update functions are slightly different. The update function of Enocoro-128v2 has been strengthened by
applying an XOR operation of a counter value to the update function of Enocoro-128v1.1 for preventing attacker from recovering an weak key in a related-key attack scenario. In this paper, we evaluate security of Enocoro-80, -128, -128v1.1, whose update functions do not have the XOR operation of counter value, against key recovery attack in an weak-key condition. As a result, we show that these three algorithms are insecure against the weak-key recovery when attacker can transform the original key into a specified related key with no cost. On the other hand, they seems secure when attacker can only control a difference of the original key.
キーワード (和) 疑似乱数生成器 / Enocoro / 関連鍵攻撃 / 弱鍵 / 鍵復元 / / /  
(英) pseudorandom number generator / Enocoro / related-key attack / weak key / key recovery / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 445, ISEC2009-121, pp. 275-280, 2010年3月.
資料番号 ISEC2009-121 
発行日 2010-02-25 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 信州大学長野(工学)キャンパス 
開催地(英) Nagano-Engineering Campus, Shinshu University 
テーマ(和) 一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2010-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 関連鍵攻撃によるEnocoroの弱鍵復元の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On key recovery for Enocoro with weak key in related-key attack scenario 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 疑似乱数生成器 / pseudorandom number generator  
キーワード(2)(和/英) Enocoro / Enocoro  
キーワード(3)(和/英) 関連鍵攻撃 / related-key attack  
キーワード(4)(和/英) 弱鍵 / weak key  
キーワード(5)(和/英) 鍵復元 / key recovery  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 保隆 / Yasutaka Igarashi / イガラシ ヤスタカ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 和人 / Kazuto Okamoto / オカモト カズト
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 敏信 / Toshinobu Kaneko / カネコ トシノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2009-113,IEICE-ISEC2009-121,IEICE-WBS2009-92 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.444(IT), no.445(ISEC), no.446(WBS) 
ページ範囲 pp.275-280 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2010-02-25,IEICE-ISEC-2010-02-25,IEICE-WBS-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会