お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 10:00
LDPC符号化空間多重MIMO-OFDM-MLD Type-IIハイブリッドARQ方式のスループット特性の評価
鶴田優介岩波保則岡本英二名工大RCS2009-309
抄録 (和) 本稿では,高速・大容量通信に向け空間多重MIMO-OFDMを用いた場合について,ハイブリッドARQ方式のスループット特性の向上を目的とし,符号化率0.5のLDPC符号を用いたType-II ハイブリッドARQ方式につき検討した.空間多重MIMO通信における信号分離検出方式には分離特性の良いMLDを,またチャネル推定に関しては,既知の場合と推定(測定)の場合を検討した.さらに,LDPC復号結果の判定帰還による繰り返しチャネル推定法,外側フィードバックによる繰り返しMLD検出法を提案し,従来方式との比較を行った. 
(英) In this paper, we consider the Type-II hybrid-ARQ schemes with the LDPC codes having the rate of 0.5 using the spatially multiplexed MIMO-OFDM scheme for high speed and high throughput transmission. The MLD has been used in separating and detecting the spatially multiplexed MIMO OFDM signals in case of perfect or estimate CSI. In addition, we have proposed the iterative channel estimation using the decision feedback and the iterative MLD using the outside feedback. We have compared the proposed schemes with the conventional schemes.
キーワード (和) LDPC符号 / MIMO-OFDM / MLD / Type-II ハイブリッドARQ / チャネル推定 / 判定帰還 / /  
(英) LDPC codes / MIMO-OFDM / MLD / Type-II hybrid-ARQ / Channel estimation / Decision feedback / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 440, RCS2009-309, pp. 297-302, 2010年3月.
資料番号 RCS2009-309 
発行日 2010-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-309

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LDPC符号化空間多重MIMO-OFDM-MLD Type-IIハイブリッドARQ方式のスループット特性の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An evaluation of throughput performance of LDPC coded Type-II hybrid-ARQ using spatially multiplexed MIMO-OFDM-MLD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LDPC符号 / LDPC codes  
キーワード(2)(和/英) MIMO-OFDM / MIMO-OFDM  
キーワード(3)(和/英) MLD / MLD  
キーワード(4)(和/英) Type-II ハイブリッドARQ / Type-II hybrid-ARQ  
キーワード(5)(和/英) チャネル推定 / Channel estimation  
キーワード(6)(和/英) 判定帰還 / Decision feedback  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴田 優介 / Yusuke Tsuruta / ツルタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩波 保則 / Yasunori Iwanami / イワナミ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Eiji Okamoto / オカモト エイジ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-309 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.297-302 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会