電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 11:00
地震対策のためのスマートホーム都市型ネットワーク
岡澤和寛村上達也李 立鵬榎原博之岡田博美関西大
抄録 (和) 近年、北米・ヨーロッパなどの情報先進国においてスマートホームが注目を集めている。これは、家庭内に存在する家電製品や防犯システムなどを一律に制御するシステムである。また、阪神・淡路大震災などの大地震を受け、地震対策が注目されている。地震時では、交通機関に大きな被害を生じるため、各種公共機関の救助を受けることが困難なケースがある。その際、救助活動は地域の助け合いなどによって行わなければならない。本研究では、災害対策および救助活動援助を目的とし、スマートホームに設置してある各ホームサーバを用いた都市型ネットワークを提案する。これはスマートホームおよび、都市型ネットワークに接続された各種センサを用いて、災害を感知し、自律的に地域的規模で災害対策を行うシステムである。さらに本システムを用いて災害後の救助活動を支援するため、救助要請MAPを作成することを提案する。 
(英) In this years, the smart home attracts much attention. This is the system controlling household electrical appliances and security system uniformly in residence. In addition, after the big earthquakes such as Hanshin-Awaji great earthquake disaster, post-disaster rescue planning attracts attention. There is the case that it is difficult to take the help of various public institutions to be damaged in means of transportation at the earthquake. The rescue must be performed by local cooperation on this occasion. For disaster planning and rescue operation support, we propose a urban area network with each home server in the smart home. This system uses various sensors that leading to the urban network and smart homes. When this system senses disaster, it performs disaster planning automatically. We also propose that we make a help request map to assist a rescue.
キーワード (和) 地震 / 災害 / スマートホーム / ホームオートメーション / P2P / 緊急地震速報 / 地域 / 救助  
(英) earthquake / disaster / smart home / home automation / p2p / earthquake early warning / local / rescue  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 449, IN2009-188, pp. 265-270, 2010年3月.
資料番号 IN2009-188 
発行日 2010-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Phoenix Seagaia Resort (Miyazaki) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 4-5) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地震対策のためのスマートホーム都市型ネットワーク 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Urban area network of the Smart Home for the Disaster planning of the Earthquake 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地震 / earthquake  
キーワード(2)(和/英) 災害 / disaster  
キーワード(3)(和/英) スマートホーム / smart home  
キーワード(4)(和/英) ホームオートメーション / home automation  
キーワード(5)(和/英) P2P / p2p  
キーワード(6)(和/英) 緊急地震速報 / earthquake early warning  
キーワード(7)(和/英) 地域 / local  
キーワード(8)(和/英) 救助 / rescue  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡澤 和寛 / Kazuhiro Okazawa / オカザワ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 達也 / Tatsuya Murakami / ムカラミ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 立鵬 / Li Lipeng / リ リペン
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎原 博之 / Hiroyuki Ebara / エバラ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 博美 / Hiromi Okada / オカダ ヒロミ
第5著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2009-188 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.265-270 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会