お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年9月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 17:30
ヒト話し言葉に適用されているデジタル原理について ~ 時系列上で一次元配列されて送受信される離散・有限信号である音節、ならびにその情報源・通信路・搬送波(伝送路)における符号化処理過程について ~
得丸公明システム・エンジニアSP2009-169
抄録 (和) ヒトの話し言葉はデジタル通信であり,情報源・通信路・伝送路での符号化・復号化が行なわれているということを公理系として提示することによって言語のデジタル性の全体像を提示する. 
(英) The author presents a set of Axioms to demonstrate that human vocal communication is digital communication, where source/channel/carrier-wave coding is implemented.
キーワード (和) デジタル原理 / 符号化復号化 / 音響デジタル信号フォニット / 概念体系・概念操作 / 現生人類の起源 / オノマトペ / 抽象概念 / 脳容量拡張をもたらした二次的晩成性  
(英) digital principle / encoding/decoding / acoustic digital signal "phonit" / Concept System/Concept Manipulation / the origin of modern human / onomatopoeia / abstract concept / brain volume expansion brought by secondary altriciality  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 451, SP2009-169, pp. 123-128, 2010年3月.
資料番号 SP2009-169 
発行日 2010-02-25 (SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SP2009-169

研究会情報
研究会 SP  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 芝浦工大(豊洲キャンパス) 
開催地(英) Shibaura Inst. of Tech. (Toyosu Campus) 
テーマ(和) 聴覚・音声・言語とその障害,一般 (音響学会聴覚研究会共催) 
テーマ(英) Hearing, speech, language and their disorders, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SP 
会議コード 2010-03-SP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヒト話し言葉に適用されているデジタル原理について 
サブタイトル(和) 時系列上で一次元配列されて送受信される離散・有限信号である音節、ならびにその情報源・通信路・搬送波(伝送路)における符号化処理過程について 
タイトル(英) Digital Principles Applied in Human Vocal Communication 
サブタイトル(英) The Distinct and Finite Signal Set of Syllables, and Source/channel/carrier-wave Coding/Decoding Mechanisms 
キーワード(1)(和/英) デジタル原理 / digital principle  
キーワード(2)(和/英) 符号化復号化 / encoding/decoding  
キーワード(3)(和/英) 音響デジタル信号フォニット / acoustic digital signal "phonit"  
キーワード(4)(和/英) 概念体系・概念操作 / Concept System/Concept Manipulation  
キーワード(5)(和/英) 現生人類の起源 / the origin of modern human  
キーワード(6)(和/英) オノマトペ / onomatopoeia  
キーワード(7)(和/英) 抽象概念 / abstract concept  
キーワード(8)(和/英) 脳容量拡張をもたらした二次的晩成性 / brain volume expansion brought by secondary altriciality  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 得丸 公明 / Kimiaki Tokumaru / トクマル キミアキ
第1著者 所属(和/英) システム・エンジニア (略称: システム・エンジニア)
System Engineer (略称: System Engineer)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 17:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SP 
資料番号 IEICE-SP2009-169 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.451 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SP-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会