電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 13:40
MIMO-OFDMにおけるPAPR抑圧技術にによる電力付加効率の改善
菅野洋佑須山 聡鈴木 博府川和彦東工大RCS2009-331
抄録 (和) MIMO-OFDM 移動無線伝送システムにおいて,サブキャリア位相ホッピング選択マッピング(SPH-SLM) によるピーク対平均電力比 (PAPR) の抑圧改善量と,送信電力増幅器 (PA) の電力付加効率 (PAE) との関係を明らかにする.MIMO-OFDM は高速かつ高信頼な伝送方式であるが, PAPR が高いという問題を有する.PAPR を低減するため,伝送特性の改善と送信信号の PAPR 抑圧とを同時に実現する SPH-SLM が提案されている.従来,SPH-SLM により PAPR を低減した信号を非線形送信 PA に入力したときのスペクトル特性やパケット伝送特性が計算機シミュレーションにより明らかにされている.しかしながら,PAE の改善効果は評価されていない.本報告では,MIMO-OFDM 伝送において SPH-SLM により PAPR を低減した信号を Doherty 形 PA に入力し, PA のバックオフ量と PAE との関係を回路シミュレータを用いて明らかにする.また,SPH-SLM の PAPR 抑圧効果が Doherty 形 PAの帯域外スペクトル特性やエラー・ベクトル・マグニチュード (EVM) 特性に与える影響についても示し,さらに,無線伝搬路を含む伝送系シミュレーションにより伝送特性を明らかにする.測定されたバックオフ量,EVM 特性,PAE の関係から EVM が同等の条件の下で,SPH-SLM の PAPR 抑圧効果により PAE を 12\% 改善できることを示す. 
(英) In MIMO-OFDM mobile communication systems, this report clarifies a relation between (i) an improvement of peak to average power ratio (PAPR) reduction by subcarrier phase hopping select mapping (SPH-SLM) and (ii) power added efficiency (PAE) of a transmit power amplifier (PA). Although MIMO-OFDM can realize the high-speed and reliable transmission, it suffers from high PAPR characteristics. For reducing such PAPR, SPH-SLM, which can improve both the transmission performance and the PAPR reduction of the transmitted signal, has been proposed. When the PAPR-reduced signal by SPH-SLM is passed into a nonlinear PA, computer simulations have evaluated the spectrum characteristic and the packet transmission performance. However, the improvement of PAE by SPH-SLM has not been clarified. This report shows a relation between the amount of backoff of PA and PAE by circuit simulations when the PAPR-reduced signal by SPH-SLM is fed into a Doherty PA. It also shows an effect of the PAPR reduction by SPH-SLM on out-of-band spectrum characteristics and error vector magnitude (EVM), and evaluates the transmission performance by a transmission system simulation that includes radio propagation channels. From the measured relation between the backoff, EVM, and PAE, it is shown that the PAPR reduction by SPH-SLM can improve PAE of 12\% under the almost same EVM condition.
キーワード (和) 移動通信 / サブキャリア位相ホッピング / ピーク対平均電力比 / 電力付加効率 / RF回路シミュレーション / / /  
(英) Mobile communication / subcarrier phase hopping / PAPR / PAE / RF circuit simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 440, RCS2009-331, pp. 433-438, 2010年3月.
資料番号 RCS2009-331 
発行日 2010-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-331

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MIMO-OFDMにおけるPAPR抑圧技術にによる電力付加効率の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Power Added Efficiency by PAPR Reductiuon Technique for MIMO-OFDM Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communication  
キーワード(2)(和/英) サブキャリア位相ホッピング / subcarrier phase hopping  
キーワード(3)(和/英) ピーク対平均電力比 / PAPR  
キーワード(4)(和/英) 電力付加効率 / PAE  
キーワード(5)(和/英) RF回路シミュレーション / RF circuit simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 洋佑 / Yosuke Kanno / カンノ ヨウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama / スヤマ サトシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 博 / Hiroshi Suzuki / スズキ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 府川 和彦 / Kazuhiko Fukawa / フカワ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-331 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.433-438 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会