お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-05 09:50
プリファレンスを用いた信用交渉における公開クレデンシャルの低減化
花岡太一伊藤義道馬場口 登阪大IT2009-132 ISEC2009-140 WBS2009-111
抄録 (和) ネットワーク上で双方向の信用を確立するための枠組みとして,信用交渉が提案されている.信用交渉では,サーバとクライアントが,それぞれの持つ公開ポリシーに従ってクレデンシャルを交換し合いながら,双方向の信用を確立する.クレデンシャルとポリシーは重要な情報を含むため,クレデンシャルとポリシーをできるだけ公開せずに双方向の信用を確立することが求められる.そこで本稿ではそのための手法として,eager戦略にプリファレンスの概念を導入した交渉戦略を提案する.本戦略は,交渉が終了するまでに交渉相手に公開したサーバとクライアントのクレデンシャルの総数が,それぞれeager戦略以下になることを保証する.さらに,本戦略は,eager戦略と同様に,効率性かつ完全性を有する交渉戦略である. 
(英) As a useful framework for establishing mutual trust on the network, automated trust negotiation has been proposed. In automated trust negotiation, a service provider and a client exchange credentials according to their policies to establish mutual trust. Because credentials and policies often include sensitive information, it is required not to disclose sensitive information as possible. In this paper, we propose a trust negotiation strategy based on eager strategy using preference. We show that the total number of disclosed credentials using our negotiation strategy does not exceed the number of disclosed credentials using eager negotiation. Furthermore, our negotiation strategy is efficient and complete.
キーワード (和) 信用交渉 / eager戦略 / クレデンシャル / プリファレンス / ポリシー / 効率性 / 完全性 /  
(英) trust negotiation / eager strategy / credential / preference / policy / efficiency / completeness /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 445, ISEC2009-140, pp. 391-398, 2010年3月.
資料番号 ISEC2009-140 
発行日 2010-02-25 (IT, ISEC, WBS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2009-132 ISEC2009-140 WBS2009-111

研究会情報
研究会 IT ISEC WBS  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 信州大学長野(工学)キャンパス 
開催地(英) Nagano-Engineering Campus, Shinshu University 
テーマ(和) 一般:情報通信基礎サブソサイエティ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2010-03-IT-ISEC-WBS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プリファレンスを用いた信用交渉における公開クレデンシャルの低減化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reducing Disclosed Credentials in Automated Trust Negotiation Using Preference 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 信用交渉 / trust negotiation  
キーワード(2)(和/英) eager戦略 / eager strategy  
キーワード(3)(和/英) クレデンシャル / credential  
キーワード(4)(和/英) プリファレンス / preference  
キーワード(5)(和/英) ポリシー / policy  
キーワード(6)(和/英) 効率性 / efficiency  
キーワード(7)(和/英) 完全性 / completeness  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 花岡 太一 / Taichi Hanaoka / ハナオカ タイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 義道 / Yoshimichi Ito / イトウ ヨシミチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場口 登 / Noboru Babaguchi / ババグチ ノボル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-05 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-IT2009-132,IEICE-ISEC2009-140,IEICE-WBS2009-111 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.444(IT), no.445(ISEC), no.446(WBS) 
ページ範囲 pp.391-398 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IT-2010-02-25,IEICE-ISEC-2010-02-25,IEICE-WBS-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会