お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-04 09:20
垂直交差励振形TE10-TE20モード変換器
池内裕章兵庫県立大)・松本公志古野電気)・河合 正太田 勲兵庫県立大MW2009-180 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2009-180
抄録 (和) 本論文は,TE20モードの伝搬が可能なオーバーモード導波管(OMWG)の幅広壁面の管軸に沿って対称に,単一モード導波管(SMWG)を垂直接続することによって, SMWGのTE10モードとOMWGのTE20モードの横方向電磁界を垂直に交差結合させる新しい形式のTE10-TE20モード変換器を提案している.OMWGのSMWG開口部の対向面に対称性を崩さないように設けた跳び箱状の導体構造と,その後方の適当な位置に配置した短絡板を用いて両モード間の整合を図った.市販電磁界シミュレータ(Ansoft HFSS)を用いて整合用素子の形状と寸法を最適化した結果,設計周波数10GHzで約17%の比帯域幅に亘って電力比99%以上のモード変換効率が得られた.本提案回路は,回路の対称性が維持されている限り,原理上OMWGに不要TE10,TE30モードを励振しないという特長を有している.次いで試作実験を行い,設計結果とほぼ一致する測定結果から設計概念の妥当性を確認している.しかし,帯域内の特定の周波数に微小な不要応答が生じたため,この抑圧方法についても検討を行い,有効に抑圧できる手法も示している. 
(英) The present paper suggests a new type of TE10-TE20 mode transducer vertically excited in a way of crossing the electric fields of an over-moded waveguide (OMWG) and a single-mode one (SMWG). By optimizing a matching element the mode-conversion efficiency more than 99% is obtained over the fractional bandwidth of about 17%. The reason why such a good performance is obtained is because the present mode transducer is free from undesired mode excitation in principle. The validity of the design concept is also confirmed experimentally. Moreover, an elimination technique of unwanted resonant response is successfully demonstrated.
キーワード (和) 導波管 / モード変換 / モード変換器 / 受動回路 / / / /  
(英) Waveguides / Mode conversion / Mode transducers / Passive circuits / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 431, MW2009-180, pp. 7-11, 2010年3月.
資料番号 MW2009-180 
発行日 2010-02-25 (MW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2009-180 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2009-180

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 龍谷大 
開催地(英) Ryukoku Univ. 
テーマ(和) 学生研究会/一般 
テーマ(英) Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2010-03-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 垂直交差励振形TE10-TE20モード変換器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A TE10-TE20 Mode Transducer Utilizing Vertical Cross-Excitation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 導波管 / Waveguides  
キーワード(2)(和/英) モード変換 / Mode conversion  
キーワード(3)(和/英) モード変換器 / Mode transducers  
キーワード(4)(和/英) 受動回路 / Passive circuits  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池内 裕章 / Hiroaki Ikeuchi / イケウチ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 公志 / Satoshi Matsumoto / マツモト サトシ
第2著者 所属(和/英) 古野電気 (略称: 古野電気)
Furuno Electric Co.,Ltd. (略称: Furuno Elect.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 正 / Tadashi Kawai / カワイ タダシ
第3著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 勲 / Isao Ohta / オオサ イサオ
第4著者 所属(和/英) 兵庫県立大学 (略称: 兵庫県立大)
University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-04 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2009-180 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.431 
ページ範囲 pp.7-11 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MW-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会