電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-04 11:10
リングトポロジにおけるレイヤ2高速障害切り替え方式
濱田和樹高橋克佳鹿島和幸三菱電機
抄録 (和) レイヤ2ネットワークにおいては,ネットワークの冗長化と障害発生時の代替経路切り替えを実現する方法としてスパニングツリープロトコル(STP,RSTP,MSTP)が広く利用されている.しかし,スパニングツリープロトコルはトポロジフリーで使用できるように設計されているため,特定のトポロジ向けに特化した方式と比較すると,特に処理時間の点で性能が十分ではなかった.本稿ではスパニングツリープロトコルをリングトポロジに特化して拡張することにより,スパニングツリープロトコルとの相互接続性を維持した上で障害時の代替経路切り替えを高速化する手法を提案する. 
(英) In layer-2 networks, spanning tree protocols (STP, RSTP, and MSTP) are the most popular methods to get redundancy and to realize rerouting function. However, spanning tree protocols are designed as topology free algorithm; therefore, the processing time of spanning trees are longer than that of other rerouting methods specializing to specific topologies. In this report, we propose new rerouting method to shorten the processing time of spanning tree protocols by specializing to ring topology. The new method is based on spanning tree protocols; therefore networks, which use proposed method, can interconnect with networks which use conventional spanning tree protocols.
キーワード (和) リングトポロジ / 障害切り替え / スパニングツリープロトコル / / / / /  
(英) Ring Topology / Rerouting Method / Spanning Tree Protocol / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 449, IN2009-151, pp. 43-48, 2010年3月.
資料番号 IN2009-151 
発行日 2010-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2010-03-04 - 2010-03-05 
開催地(和) 宮崎シーガイア 
開催地(英) Miyazaki Phoenix Seagaia Resort (Miyazaki) 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General, NS+IN workshop (March 4-5) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リングトポロジにおけるレイヤ2高速障害切り替え方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Rerouting Method in Layer-2 Switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リングトポロジ / Ring Topology  
キーワード(2)(和/英) 障害切り替え / Rerouting Method  
キーワード(3)(和/英) スパニングツリープロトコル / Spanning Tree Protocol  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱田 和樹 / Kazuki Hamada / ハマダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 克佳 / Katsuyoshi Takahashi / タカハシ カツヨシ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿島 和幸 / Kazuyuki Kashima / カシマ カズユキ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-04 11:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2009-151 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2010-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会