お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-03 14:20
ソフトウェア無線・コグニティブ無線の実装・実用化の動向
芝 宏礼山口 陽赤羽和徳上原一浩NTTSR2009-95
抄録 (和) ソフトウェア無線技術に関する研究開発は、1990年代初頭の米国の軍事プロジェクトである「SPEAKEasy」から始まり、IEEE Communication Magazine 1995年5月号の「ソフトウェア無線特集」で広く認知された。それに伴い、ソフトウェア無線に関する研究開発プロジェクトが国内外で多数立ち上がり、ソフトウェア無線に関する研究開発が活発になっていった。さらに、規則に関する改定も併せて行なわれ、2001年9月に米国通信委員会(Federal Communications Commission:FCC)は、ソフトウェア無線機の実用化に向けて規則の改定を行なった。現在では幾つかの製品が実用化され、商用サービスに利用されているものもある。一方、コグニティブ無線技術は、電波環境を認知し、最適な無線通信を行うため技術である。無線通信の発展に伴い大きな問題となっている周波数の逼迫を解決するための一つの要素技術として注目を集めており、コグニティブ無線技術に関する要素技術や試作に関する多数の報告が行われている。本稿では、ソフトウェア無線・コグニティブ無線の実装・実用化の動向として、試作機や商用機の紹介を行う。さらに、NTTで提案しているソフトウェア無線技術とコグニティブ無線技術を利用しているフレキシブルワイヤレスシステムの紹介を行う。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) ソフトウェア無線 / コグニティブ無線 / フレキシブルワイヤレスシステム / 実用化 / / / /  
(英) Software defined radio / Cognitive radio / Flexible wireless system / Practical use / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 442, SR2009-95, pp. 29-34, 2010年3月.
資料番号 SR2009-95 
発行日 2010-02-24 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-95

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ソフトウェア無線・コグニティブ無線の実装・実用化の動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Trends in Development and Practical Use of Software Defined Radio and Cognitive Radio 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ソフトウェア無線 / Software defined radio  
キーワード(2)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(3)(和/英) フレキシブルワイヤレスシステム / Flexible wireless system  
キーワード(4)(和/英) 実用化 / Practical use  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝 宏礼 / Hiroyuki Shiba / シバ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Coporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 陽 / Yo Yamaguchi / ヤマグチ ヨウ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Coporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤羽 和徳 / Kazunori Akabane / アカバネ カズノリ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Coporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上原 一浩 / Kazuhiro Uehara / ウエハラ カズヒロ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTT未来ねっと研究所 (略称: NTT)
NTT Network Innovation Laboratories, NTT Coporation. (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-03 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-95 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.442 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会