電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-03 11:30
音を用いた気象情報に関するアンビエントシステムの研究
仁科圭三郎芝浦工大)・上岡英史芝浦工大/NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報化社会の発展に伴って多くの利便性を享受できるようになった半面,情報量が膨大であることから,ユーザが欲する情報を取得する際,情報の検索,判別,理解に対する負担が大きくなり,ユーザはストレスを感じるという弊害がある.このような問題を解決するための技術として,情報を気配として伝えるアンビエントシステムがある.本研究では,個々のユーザ周辺の気象情報を,音を用いて無意識に当該ユーザに伝えることを目的とするアンビエントシステムの構築方法を議論する. 
(英) The current information society brings a lot of convenience in our daily lives. It, however, gives us necessary evils as well. For instance, when you obtain the information that you wants, you might feel uncomfortable or stressed because of the enormous information. “Ambient system” is regarded as a concept to solve this problem and it conveys the information as a sign of the presence. In this paper, we will discuss how to construct the ambient system which unconsciously provides users with the weather information adapted to each user’s environment without stress.
キーワード (和) アンビエント / ユビキタス / 天気 / ストレスフリー / / / /  
(英) Ambient / Ubiquitous Computing / Weather Information / Stress-free / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年3月.
資料番号  
発行日 2010-02-24 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音を用いた気象情報に関するアンビエントシステムの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acoustic-based Ambient System Implying Weather Information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アンビエント / Ambient  
キーワード(2)(和/英) ユビキタス / Ubiquitous Computing  
キーワード(3)(和/英) 天気 / Weather Information  
キーワード(4)(和/英) ストレスフリー / Stress-free  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 仁科 圭三郎 / Keizaburo Nishina / ニシナ ケイザブロウ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学/国立情報学研究所 (略称: 芝浦工大/NII)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech./NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-03 11:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2009-76 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会