お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-03 17:20
LTE/LTE-Advancedにおける下りリンクMIMO AFリレーの屋内伝送性能評価
佐藤裕高安達裕之上甲信悟草野吉雅京セラRCS2009-282
抄録 (和) マクロセルシステムの不感エリア解消のために,受信した信号を増幅して再送信するAF (Amplify-and-Forward) リレー伝送が近年注目を集めている.本稿では次世代移動体通信規格LTE (Long Term Evolution) / LTE-Advancedを対象に,複数の送受信アンテナを持つMIMO (Multiple Input Multiple Output) AFリレーノードがマクロ基地局からの信号を増幅して屋内に向けて再送信した場合のシステムレベルシミュレーションを行い,屋内に存在するユーザのスループットに対するMIMO AFリレーによる改善効果を評価する. 
(英) For decreasing dead spot in macrocell system, many attentions have been paid to amplify-and-forward (AF) relay transmission in which received signal at AF relay node is amplified and retransmitted. In this paper, when MIMO (Multiple Input Multiple Output) AF relay nodes are placed within macrocell system in LTE/LTE-Advanced and they relay transmitted signal from macrocell base station to indoor terminals, the performance improvement by MIMO AF relay transmission is evaluated by system level simulation.
キーワード (和) LTE/LTE-Advanced / MIMO AFリレー / 屋内環境 / / / / /  
(英) LTE/LTE-Advanced / MIMO AF Relaying / Indoor Environment / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 440, RCS2009-282, pp. 141-144, 2010年3月.
資料番号 RCS2009-282 
発行日 2010-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2009-282

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE/LTE-Advancedにおける下りリンクMIMO AFリレーの屋内伝送性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Indoor Environment Performance Evaluation of Downlink MIMO AF Relaying in LTE/LTE-Advanced 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LTE/LTE-Advanced / LTE/LTE-Advanced  
キーワード(2)(和/英) MIMO AFリレー / MIMO AF Relaying  
キーワード(3)(和/英) 屋内環境 / Indoor Environment  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 裕高 / Hirotaka Sato / サトウ ヒロタカ
第1著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 裕之 / Hiroyuki Adachi / アダチ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上甲 信悟 / Shingo Joko / ジョウコウ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 草野 吉雅 / Yoshimasa Kusano / クサノ ヨシマサ
第4著者 所属(和/英) 京セラ株式会社 (略称: 京セラ)
Kyocera Corporation (略称: Kyocera Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-03 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2009-282 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.440 
ページ範囲 pp.141-144 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会