電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-03 13:40
ITU-RおよびIEEE P1900.4におけるコグニティブ無線技術の標準化動向
村上 誉フィリン スタニスラブ石津健太郎宮本 剛原田博司NICTSR2009-93
抄録 (和) コグニティブ無線技術に関する研究が世界中で進められており,早くも複数の組織・グループの下で周波数のあり方や技術に関して標準化の動きが加速している.本稿では,これらの動きの中から筆者らが実際に参加・活動している,ITU-Rにおける周波数利用のあり方と電波法性のあり方に関する議論と,IEEE P1900.4におけるコグニティブ無線のためのアーキテクチャに関する議論の動向を紹介する. 
(英) A lot of efforts to research and to develop cognitive radio technologies have been made in all over the world. Several organizations and groups have started standardization activities based on results of the efforts. In this paper, we describe current discussions how to introduce new spectrum management methods in ITU-R, and also activities to define technical standards of network architecture for cognitive radio technologies in IEEE P1900.4.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 標準化 / ITU-R / IEEE / SCC41 / / /  
(英) Cognitive Radio / Standardization / ITU-R / IEEE / SCC41 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 442, SR2009-93, pp. 15-21, 2010年3月.
資料番号 SR2009-93 
発行日 2010-02-24 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2009-93

研究会情報
研究会 RCS AN MoNA SR  
開催期間 2010-03-03 - 2010-03-05 
開催地(和) YRP 
開催地(英) YRP 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2010-03-RCS-AN-MoMuC-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ITU-RおよびIEEE P1900.4におけるコグニティブ無線技術の標準化動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Standardization activities of cognitive radio technologies in ITU-R and IEEE P1900.4 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive Radio  
キーワード(2)(和/英) 標準化 / Standardization  
キーワード(3)(和/英) ITU-R / ITU-R  
キーワード(4)(和/英) IEEE / IEEE  
キーワード(5)(和/英) SCC41 / SCC41  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 誉 / Homare Murakami / ムラカミ ホマレ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) フィリン スタニスラブ / Stanislav Filin / フィリン スタニスラブ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石津 健太郎 / Kentaro Ishizu / イシズ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 剛 / Goh Miyamoto / ミヤモト ゴウ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communication Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-03 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2009-93 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.442 
ページ範囲 pp.15-21 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2010-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会