お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-02 10:40
P2PネットワークにおけるB+木を用いた多次元の範囲探索アルゴリズムの評価
松浦伸彦峰野博史静岡大)・石川憲洋NTTドコモ)・水野忠則静岡大SITE2009-63 IA2009-115
抄録 (和) 無線技術やセンサ技術の発達に伴い,収集されたセンサデータを利用してユーザの位置や状況に応じたサービスを提供しようとする動きが活発化している.
このようなサービスを提供するために,膨大な量のデータに対応できるP2P型のセンシングデータ共有システムが望まれる.
しかし,既存の手法ではセンサの動的性の1つである収集できるデータの種類の増減に対応することができない.
また,その多くは特定のデータをキーとして探索クエリに含む必要があり,キーの逆引きを行うことはできない.
そこで,本研究ではP2Pネットワークとバランス木の一種であるB+木を組み合わせることで,任意の属性を組み合わせた多次元の範囲探索を効率よく処理できる手法を提案する. 
(英) Along with the development of the wireless technology and sensor technology, the context-aware service which uses sensing data attracts attention.
In order to provide these services, sensing data sharing system in P2P is needed to cope well with vast amount of data.
But existing algorithm is not respond to varying number of sensing data type.
In addition, most of existing algorithm cannot execute reverse resolution of key, because their search algorithms need to include specific data as key in query.
To address the above issues, in this paper, we propose a multi-dimensional range search algorithm in P2P using B+-tree for efficient search with arbitrary number of sensing data type.
キーワード (和) P2P / 範囲探索 / 多次元探索 / ワイヤレスセンサネットワーク / / / /  
(英) P2P / range search / multi-dimensional search / wireless sensor network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 438, IA2009-115, pp. 235-240, 2010年3月.
資料番号 IA2009-115 
発行日 2010-02-22 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2009-63 IA2009-115

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2010-03-01 - 2010-03-02 
開催地(和) 作並温泉一の坊(宮城県) 
開催地(英)  
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2010-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) P2PネットワークにおけるB+木を用いた多次元の範囲探索アルゴリズムの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation of Multi-dimensional Range Search Algorithm in P2P Networks Using B+-Tree 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(2)(和/英) 範囲探索 / range search  
キーワード(3)(和/英) 多次元探索 / multi-dimensional search  
キーワード(4)(和/英) ワイヤレスセンサネットワーク / wireless sensor network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松浦 伸彦 / Nobuhiko Matsuura / マツウラ ノブヒコ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰野 博史 / Hiroshi Mineno / ミネノ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 憲洋 / Norihiro Ishikawa / イシカワ ノリヒロ
第3著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo Incorporated (略称: NTT DoCoMo, Inc.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 忠則 / Tadanori Mizuno / ミズノ タダノリ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-02 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-SITE2009-63,IEICE-IA2009-115 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.437(SITE), no.438(IA) 
ページ範囲 pp.235-240 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2010-02-22,IEICE-IA-2010-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会