お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-03-01 09:00
マルチホップ無線通信における適応協力中継方式の提案
池内雅典熊本和夫周 虹阪工大CAS2009-83 SIP2009-128 CS2009-78
抄録 (和) 本論文では、高品質高効率マルチホップ無線ネットワークの実現のため、適応協力通信方式を提案する。まず、協力通信おける協力端末の有効範囲の概念を導入し各種通信路条件と評価基準の下で有効範囲を求めた。次に有効範囲を利用し、適応協力通信方式を用いるマルチホップ無線ネットワークの伝送性能を計算機シミュレーションにより検討し、提案方式の有効性を確認した。 
(英) In this paper, we propose an adaptive cooperative relaying scheme for high quality high efficiency multi-hop wireless networks. We introduced a concept of the effective area of cooperative terminals for cooperative relaying, and investigated the area under various communication conditions. Using the results of the effective area, we applied the proposed scheme to multi-hop wireless networks, and confirmed the effectiveness of the proposed scheme by computer simulation.
キーワード (和) マルチホップ無線ネットワーク / 協力通信 / 協力端末 / / / / /  
(英) multi-hop wireless networks, / cooperative relaying / cooperative terminal / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 436, CS2009-78, pp. 29-34, 2010年3月.
資料番号 CS2009-78 
発行日 2010-02-22 (CAS, SIP, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2009-83 SIP2009-128 CS2009-78

研究会情報
研究会 SIP CAS CS  
開催期間 2010-03-01 - 2010-03-02 
開催地(和) 宮古島 ブリーズベイマリーナ 
開催地(英) Hotel Breeze Bay Marina, Miyakojima 
テーマ(和) ネットワーク,通信のための信号処理および一般 
テーマ(英) Signal processing for networking and communications, and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2010-03-SIP-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチホップ無線通信における適応協力中継方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Adaptive Cooperative Relaying Scheme for Multi-hop Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチホップ無線ネットワーク / multi-hop wireless networks,  
キーワード(2)(和/英) 協力通信 / cooperative relaying  
キーワード(3)(和/英) 協力端末 / cooperative terminal  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池内 雅典 / Masanori Ikeuchi / イケウチ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊本 和夫 / Kazuo Kumamoto / クマモト カズオ
第2著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 虹 / Hong Zhou / シュウ コウ
第3著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: Osaka Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-03-01 09:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2009-83,IEICE-SIP2009-128,IEICE-CS2009-78 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.434(CAS), no.435(SIP), no.436(CS) 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2010-02-22,IEICE-SIP-2010-02-22,IEICE-CS-2010-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会