お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-24 13:05
胎児監視のためのフロントエンド電子装置葉は何処まで簡素化ないし軽薄短小化できるか
竹内康人鹿児島大US2009-116
抄録 (和) 胎児監視は、特に胎児心拍監視に超音波ドプラ方式を採用する物が、医療上の方式技術として臨床現場に定着してかれこれ30年ほどは経過したかと思われる。その後自動診断、テレメトリ-、ネットワーク連携、等々の発展があったが、信号採取や信号処理の技術としてはやや伸び悩み、ないしはさらなる進歩やブレークスルーへの努力が等閑に付されているきらいがある。本発表においては標記の通りフロントエンド信号採取装置の軽薄短小簡素化という方向で、最近の汎用技術またPCなどの汎用機器への載り合わせがどう言う形で可能か、若干の実験とともに報告する。以下、学問の場にはやや齟齬かと思うが、装置実現のための非常に具体的な、抵抗、コンデンサ、トランジスタ各1個の段階までの具体論を呈上する事をお許し願いたい。 
(英) Clinical fetal monitoring has already abut 30 years or more history since it was endorsed by practice with ultrasound Doppler method for fetal heart rate measurement. However to date, no major progress or breakthrough has been seen in engineering and/or technical aspect of this domain, although automatic diagnosis, telemetry, trans-network operation, etc., are proposed with fairly affordable success. In this report author proposes, with experimental background data, some of possible breakthrough in the front-end signal acquisition instrumentation technology, mainly by co-riding to general purpose electronic equipment such as PC. Hereafter a very realistic talk will be given, down to piecewise resistor, capacitor, transistor level technology.
キーワード (和) 胎児監視 / ドプラ / テレメトリー / 軽薄短小 / 超音波 / 信号採取 / フロントエンド / マッキントッシュ  
(英) Fetal Monitoring / Doppler / Telemetry / Power Saving / Ultrasound / Signal Acquisition / Front-end / Macintosh  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 425, US2009-116, pp. 25-30, 2010年2月.
資料番号 US2009-116 
発行日 2010-02-17 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2009-116

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2010-02-24 - 2010-02-24 
開催地(和) 東京計器株式会社 
開催地(英) TOKYO KEIKI INC. 
テーマ(和) アコースティックイメージング、一般 
テーマ(英) Acoustic Imaging, General, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2010-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 胎児監視のためのフロントエンド電子装置葉は何処まで簡素化ないし軽薄短小化できるか 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How Simple, Light Weighted and Low Power Drain Design Can Fetal Monitoring Front-End Electronics Be. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 胎児監視 / Fetal Monitoring  
キーワード(2)(和/英) ドプラ / Doppler  
キーワード(3)(和/英) テレメトリー / Telemetry  
キーワード(4)(和/英) 軽薄短小 / Power Saving  
キーワード(5)(和/英) 超音波 / Ultrasound  
キーワード(6)(和/英) 信号採取 / Signal Acquisition  
キーワード(7)(和/英) フロントエンド / Front-end  
キーワード(8)(和/英) マッキントッシュ / Macintosh  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 康人 / Yasuhito Takeuchi / タケウチ ヤスヒト
第1著者 所属(和/英) 鹿児島大学 (略称: 鹿児島大)
Kagoshima University (略称: Kagoshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-24 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2009-116 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.425 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2010-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会