お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-22 13:50
カーボンナノチューブ電界効果トランジスタを用いた確率共鳴素子
袴田靖文大野恭秀前橋兼三阪大)・葛西誠也北大)・井上恒一松本和彦阪大ED2009-198 SDM2009-195 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2009-198 SDM2009-195
抄録 (和) 微弱信号の応答を増幅することを目的として,カーボンナノチューブ電界効果トランジスタ (CNT-FETs) を用いた確率共鳴現象の研究を行っている.サブスレッショルド領域のCNT-FETのバックゲートに適切な大きさの雑音を加えた微弱入力パルス列を印加したとき,入力パルス列とソース・ドレイン電流間の相関が増大した.さらに,CNT-FETの疑似的加算ネットワークにおいて,相関の増大が観察された.また,相関係数のピーク幅が広がったことから,疑似的加算CNT-FETネットワークが雑音に対してロバストな系であることが示された.従って,確率共鳴現象を基礎とした加算CNT-FETネットワークは高感度非標識センサへの応用が期待できる. 
(英) Stochastic resonance in carbon nanotube field-effect transistors (CNT-FETs) was investigated to enhance weak-signal response. When weak pulse trains were given to the gate of the CNT-FET operating in sub-threshold region, the correlation between the input-pulse and source-drain current increased by adding noise with optimized intensity. Moreover, enhancement of the correlation was observed in a summing network of the CNT-FETs. It was also found that the peak width of correlation coefficient also became wider, indicating that the summing CNT-FET networks were robust against noise. Therefore, the summing CNT-FET networks based on stochastic resonance will be a promising candidate for highly sensitive label-free sensors.
キーワード (和) カーボンナノチューブ / 電界効果トランジスタ / 確率共鳴 / 雑音 / 信号増幅 / 相関 / /  
(英) carbon nanotubes / field-effect transistors / stochastic resonance / noise / signal enhancement / correlation / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 422, ED2009-198, pp. 11-15, 2010年2月.
資料番号 ED2009-198 
発行日 2010-02-15 (ED, SDM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ED2009-198 SDM2009-195 エレソ技報アーカイブへのリンク:ED2009-198 SDM2009-195

研究会情報
研究会 ED SDM  
開催期間 2010-02-22 - 2010-02-23 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawaken-Seinen-Kaikan 
テーマ(和) 機能ナノデバイスおよび関連技術 
テーマ(英) Functional Nano Device and Related Technology 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ED 
会議コード 2010-02-ED-SDM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カーボンナノチューブ電界効果トランジスタを用いた確率共鳴素子 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stochastic Resonance Devices Based on Carbon Nanotube Field-Effect Transistors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カーボンナノチューブ / carbon nanotubes  
キーワード(2)(和/英) 電界効果トランジスタ / field-effect transistors  
キーワード(3)(和/英) 確率共鳴 / stochastic resonance  
キーワード(4)(和/英) 雑音 / noise  
キーワード(5)(和/英) 信号増幅 / signal enhancement  
キーワード(6)(和/英) 相関 / correlation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 袴田 靖文 / Yasufumi Hakamata / ハカマタ ヤスフミ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 産業科学研究所 (略称: 阪大)
The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka Univ. (略称: ISIR Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 恭秀 / Yasuhide Ohno / オオノ ヤスヒデ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 産業科学研究所 (略称: 阪大)
The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka Univ. (略称: ISIR Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前橋 兼三 / Kenzo Maehashi / マエハシ ケンゾウ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 産業科学研究所 (略称: 阪大)
The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka Univ. (略称: ISIR Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 葛西 誠也 / Seiya Kasai / カサイ セイヤ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 大学院情報科学研究科 (略称: 北大)
Research Center for Integrated Quantum Electronics, Hokkaido Univ. (略称: RCIQE Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 恒一 / Koichi Inoue / イノウエ コウイチ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 産業科学研究所 (略称: 阪大)
The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka Univ. (略称: ISIR Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 和彦 / Kazuhiko Matsumoto / マツモト カズヒコ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 産業科学研究所 (略称: 阪大)
The Institute of Scientific and Industrial Research, Osaka Univ. (略称: ISIR Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-22 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ED 
資料番号 IEICE-ED2009-198,IEICE-SDM2009-195 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.422(ED), no.423(SDM) 
ページ範囲 pp.11-15 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ED-2010-02-15,IEICE-SDM-2010-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会