お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-16 13:25
吸盤の働きを考慮したツタのCGモデル生成手法
進藤亜梨坂本雄児北大ITS2009-78 IE2009-172
抄録 (和) 近年,都市緑化活動が盛んに行われており,ツタ属の植物(以下,ツタ)は壁面緑化に適している点で注目されている.特に,CG モデル生成手法は緑化後の景観の予測や評価に有効である.本稿では,ツタの吸盤の性質に注目し,L-system を用いた生長シミュレーションによる,ツタのCG モデル生成手法を提案する.提案手法ではまず,ツタの構造を表すシンボルを定義し,実物のツタを観察して得た性質をL-system のルールとして設定する.次に,ルールに従って生長シミュレーションを行い,芽の状態に応じた生長と分岐を制御する.3次元空間上での芽の座標は,指向性ランダムウォークにより複数の候補点からツタの生長に適した位置を選択する.本稿の最後では,本手法を用いた生長シミュレーション結果と実際のツタの形状とを比較し,考察を行う. 
(英) Urban greening has been campaigned actively today.
Climbing plants attract attention because they are suited for making green spaces along the wall of buildings.
Particularly, model generation methods for climbing plants are useful for prediction and estimation of scenery after greening. This paper presents a model generation method considering behavior of sucker using growth simulation with L-system. First, the proposed method defines symbols meaning the structure of climbing plants, and sets rules of L-system considering behavior that is observed from real climbing plants. Second, the proposed method simulates the growth with rules to control branching along the condition of buds. Using the method of directed random walk, one of slate points is selected as the position of bud in three dimensional space. At the end of this paper, we compare between the results using this method and the growth of real climbing plants, and consider the results.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / L-system / 植物モデリング / ツタ / / / /  
(英) Computer graphics / L-system / Plant modeling / Climbing plants / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 414(ITS), 415(IE), ITS2009-78, IE2009-172, pp. 233-238, 2010年2月.
資料番号  
発行日 2010-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2009-78 IE2009-172

研究会情報
研究会 ITE-AIT IE ITE-HI ITE-ME ITS  
開催期間 2010-02-15 - 2010-02-16 
開催地(和) 北海道大学大学院情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information and Technology, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2010-02-AIT-IE-HI-ME-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 吸盤の働きを考慮したツタのCGモデル生成手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Model Generation Method for Climbing Plants Considering Behavior of Sucker for Computer Graphics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer graphics  
キーワード(2)(和/英) L-system / L-system  
キーワード(3)(和/英) 植物モデリング / Plant modeling  
キーワード(4)(和/英) ツタ / Climbing plants  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 進藤 亜梨 / Ari Shindo / シンドウ アリ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 雄児 / Yuji Sakamoto / サカモト ユウジ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-16 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号 IEICE-ITS2009-78,IEICE-IE2009-172 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.414(ITS), no.415(IE) 
ページ範囲 pp.233-238 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2010-02-08,IEICE-IE-2010-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会