お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-16 10:25
イントラ圧縮動画像のフレーム合成を用いたひずみ低減手法の特性改善
新井悠祐武藤圭吾甲藤二郎早大)・境田慎一井口和久NHKITS2009-61 IE2009-155
抄録 (和) 本稿では量子化制約条件を考慮した複数フレームの合成によりPSNRを改善する手法を提案する。複数フレームの合成の際には同一領域を合成する必要があり、動き検出の性能が全体の性能の向上に繋がると考えられる。そこで動き検出において、いくつかの改善手法を示す。また、反復処理における問題点についても述べた後、改善手法として量子化の制約条件を外れた場合に行うDCT係数の補正処理を制限する手法について説明し、それぞれシミュレーション実験によりその有用性を示す。 
(英) This paper presents denoising methods which use motion estimation and quantization range restriction for Motion JPEG. In order to overlap the same areas of several frames precisely, we investigate improvement of motion estimation. Moreover, after we explain the problem of frame mixture iteration, we propose a method to limit the number of corrected DCT coefficients and show experimental results.
キーワード (和) 量子化誤差 / DCT / 動き検出 / / / / /  
(英) Quantization error / DCT / Motion estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 415, IE2009-155, pp. 137-140, 2010年2月.
資料番号 IE2009-155 
発行日 2010-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2009-61 IE2009-155

研究会情報
研究会 ITE-AIT IE ITE-HI ITE-ME ITS  
開催期間 2010-02-15 - 2010-02-16 
開催地(和) 北海道大学大学院情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information and Technology, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-02-AIT-IE-HI-ME-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イントラ圧縮動画像のフレーム合成を用いたひずみ低減手法の特性改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Improvement of the Distortion Reduction Method using Frame Mixture of Intra-Coded Moving Pictures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子化誤差 / Quantization error  
キーワード(2)(和/英) DCT / DCT  
キーワード(3)(和/英) 動き検出 / Motion estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 悠祐 / Yusuke Arai / アライ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武藤 圭吾 / Keigo Muto / ムトウ ケイゴ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 境田 慎一 / Shinichi Sakaida / サカイダ シンイチ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 井口 和久 / Kazuhisa Iguchi / イグチ カズヒサ
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-16 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2009-61,IEICE-IE2009-155 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.414(ITS), no.415(IE) 
ページ範囲 pp.137-140 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2010-02-08,IEICE-IE-2010-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会