お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-16 10:00
ファジィ分離統合法によるカラー自然画像の大まかな領域分割とその評価
東川達也前田純治室蘭工大ITS2009-72 IE2009-166
抄録 (和) 本研究は,カラー自然画像を大まかに領域分割するアルゴリズムの開発,及びそのアルゴリズムをGround Truthと呼ばれる人の手で領域分割した結果との比較による定量的な評価を目的とする.本研究では,大まかな領域分割を行う手法としてカラー特徴とテクスチャ特徴をファジイ推論で統合し,領域分割を行うファジィ分離統合法を提案する.また本手法は,Gound Truthを使用する評価法であるNormalized Probabilistic Rand Indx及びDongen Indexの二つを用いて他手法との比較を行い,提案手法の有効性を検証する. 
(英) The purpose of this paper is to develop the perceptual segmentation algorithm of natural color images, and to quantitatively evaluate the algorithm using ground truth images that are human-segmented results. We propose the fuzzy-based split-and-merge algorithm as perceptual segmentation method that integrates color features and texture features by using fuzzy inference. We perform the comparative experiments of the proposed method in comparison with the other methods to demonstrate the effectiveness of the proposed method, in which the Normalized Probabilistic Rand Index and the Dongen Index are used as the measures of evaluation with ground truth images.
キーワード (和) 大まかな領域分割 / ファジィ分離統合法 / 統計的幾何学特徴 / 評価 / Ground Truth / Normalized Probabilistic Rand Index / Dongen Index /  
(英) Perceptual segmentation / fuzzy-based split-and-merge algorithm / statistical geometrical features / evaluation / ground truth / Normalized Probabilistic Rand Index / Dongen Index /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 414(ITS), 415(IE), ITS2009-72, IE2009-166, pp. 197-202, 2010年2月.
資料番号  
発行日 2010-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2009-72 IE2009-166

研究会情報
研究会 ITE-AIT IE ITE-HI ITE-ME ITS  
開催期間 2010-02-15 - 2010-02-16 
開催地(和) 北海道大学大学院情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information and Technology, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-ME 
会議コード 2010-02-AIT-IE-HI-ME-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファジィ分離統合法によるカラー自然画像の大まかな領域分割とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Perceptual Segmentation of Natural Color Images by Fuzzy-Based Split-and-Merge Algorithm and It's Evaluation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大まかな領域分割 / Perceptual segmentation  
キーワード(2)(和/英) ファジィ分離統合法 / fuzzy-based split-and-merge algorithm  
キーワード(3)(和/英) 統計的幾何学特徴 / statistical geometrical features  
キーワード(4)(和/英) 評価 / evaluation  
キーワード(5)(和/英) Ground Truth / ground truth  
キーワード(6)(和/英) Normalized Probabilistic Rand Index / Normalized Probabilistic Rand Index  
キーワード(7)(和/英) Dongen Index / Dongen Index  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東川 達也 / Tatsuya Higashikawa / ヒガシカワ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 純治 / Junji Maeda / マエダ ジュンジ
第2著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-16 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-ME 
資料番号 IEICE-ITS2009-72,IEICE-IE2009-166 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.414(ITS), no.415(IE) 
ページ範囲 pp.197-202 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2010-02-08,IEICE-IE-2010-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会