お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-15 10:50
記憶質感と好ましい粒状性について
谷口昌志川口真由子青木直和小林裕幸千葉大ITS2009-50 IE2009-144
抄録 (和) 写真にノイズを加えると,その写真に対する好ましさが向上する絵柄があることは知られている.
ノイズ付加による好ましさの向上の理由として,「記憶質感」というものを提案する.「記憶質感」とは我々が物体を思い浮かべた時にその物が持つ質感のことである.本研究では,ノイズを付加した画像を用いて,人が物体を見たときに実際に感じる質感と,記憶質感との間にどのような違いがあるかを検討した.対象物として自然物と人工物,つるつるした物からざらざらした物まで様々な質感の物体を選び主観評価実験を行った.その結果,いくつかの対象物において記憶質感は実際の質感を打ち消すという傾向が見られた. 
(英) It is known that preference of some photographs is improved by adding noise. We propose "Memory texture" as a reason for the improvement of preference by the noise addition. "Memory texture" is the texture reproduced when we imagine the object. We investigated differences between real texture and memory texture by subjective evaluation of images added noise. In the result, we found that memory texture of some objects tend to reduce their real texture.
キーワード (和) 記憶質感 / ノイズ付加 / 粒状感 / 好ましさ / / / /  
(英) memory texture / addition of grain / grainy / preference / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 414(ITS), 415(IE), ITS2009-50, IE2009-144, pp. 77-82, 2010年2月.
資料番号  
発行日 2010-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2009-50 IE2009-144

研究会情報
研究会 ITE-AIT IE ITE-HI ITE-ME ITS  
開催期間 2010-02-15 - 2010-02-16 
開催地(和) 北海道大学大学院情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information and Technology, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-AIT 
会議コード 2010-02-AIT-IE-HI-ME-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 記憶質感と好ましい粒状性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Memorial Texture and Preferred Graininess 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 記憶質感 / memory texture  
キーワード(2)(和/英) ノイズ付加 / addition of grain  
キーワード(3)(和/英) 粒状感 / grainy  
キーワード(4)(和/英) 好ましさ / preference  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 昌志 / Masashi Taniguchi / タニグチ マサシ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 真由子 / Mayuko Kawaguchi / カワグチ マユコ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 直和 / Naokazu Aoki / アオキ ナオカズ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 裕幸 / Hiroyuki Kobayashi / コバヤシ ヒロユキ「
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-15 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITE-AIT 
資料番号 IEICE-ITS2009-50,IEICE-IE2009-144 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.414(ITS), no.415(IE) 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2010-02-08,IEICE-IE-2010-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会