お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-15 15:50
PLSAを用いた映像の構造解析に基づくシーン分割手法の高精度化 ~ Sequence Alignmentの導入による新たな類似度の定義 ~
山本 誠長谷山美紀北大ITS2009-58 IE2009-152
抄録 (和) 本文では,映像中に存在する連続した複数のショットに注目した構造解析に基づき,高精度なシーン分割を可能とする手法を提案する.提案手法では,Sequence Alignmentの一手法であるDynamic Time Warping (DTW)により複数ショット間において伸縮を許容した類似度の算出を可能とし,これを用いることで構造解析を行う.このとき,映像中のショットから得られる特徴量に対してProbabilistic Latent Semantic Analysis (PLSA)を適用し,得られる結果を用いて新たにDTWのコストを定義する.以上により,複数ショットの類似性に注目した高度な構造解析が可能となり,提案手法では高精度なシーン分割が実現される. 
(英) A method for accurate scene segmentation based on video structure analysis using sequences of continuous shots in audiovisual materials is proposed. In the proposed method, for efficient video structure analysis, similarities between the sequences of continuous shots are calculated by utilizing Dynamic Time Warping (DTW), one of the methods for sequence alignment. In this calculation, by applying Probabilistic Latent Semantic Analysis (PLSA) to audiovisual features extracted from the audiovisual materials, new features of the shots are obtained, and the proposed method newly introduces these features in definition of the costs used in DTW. Consequently, the proposed method can realize efficient video structure analysis based on the similarities between the sequences of continuous shots, and thereby accurate scene segmentation becomes feasible.
キーワード (和) シーン分割 / 構造解析 / PLSA / Sequence Alignment / / / /  
(英) scene segmentation / video structure analysis / PLSA / sequence alignment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 415, IE2009-152, pp. 123-128, 2010年2月.
資料番号 IE2009-152 
発行日 2010-02-08 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2009-58 IE2009-152

研究会情報
研究会 ITE-AIT IE ITE-HI ITE-ME ITS  
開催期間 2010-02-15 - 2010-02-16 
開催地(和) 北海道大学大学院情報科学研究科 
開催地(英) Graduate School of Information and Technology, Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2010-02-AIT-IE-HI-ME-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PLSAを用いた映像の構造解析に基づくシーン分割手法の高精度化 
サブタイトル(和) Sequence Alignmentの導入による新たな類似度の定義 
タイトル(英) An accurate scene segmentation method based on video structure analysis using PLSA 
サブタイトル(英) A note on definition of new shot similarity by sequence alignment 
キーワード(1)(和/英) シーン分割 / scene segmentation  
キーワード(2)(和/英) 構造解析 / video structure analysis  
キーワード(3)(和/英) PLSA / PLSA  
キーワード(4)(和/英) Sequence Alignment / sequence alignment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 誠 / Makoto Yamamoto / ヤマモト マコト
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷山 美紀 / Miki Haseyama / ハセヤマ ミキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-15 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2009-58,IEICE-IE2009-152 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.414(ITS), no.415(IE) 
ページ範囲 pp.123-128 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2010-02-08,IEICE-IE-2010-02-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会