電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-06 13:45
関係節を用いない、連体節の英語への変換パターン ~ 情報の比重を連体節の英訳方法に取り込む ~
佐良木 昌日大)・岩垣守彦 TL2009-41
抄録 (和) 連体節を連用節/シテ節へ換言可能であるならば、その連用節が表す範疇的意味は、時点、時間的継起、原因・理由、付属状態、相反に分類できる。この意味分類を基礎に、連体節の意味に応じた英語表現を生成する方向を明確にした。連体節を英語関係節に変換するのではなく、従属接続詞、分詞構文などの文型に翻訳し、さらにその際、連体節と主節とが表す情報の比重によって英文型における主節従節を適切に配列する。この翻訳方式によって簡潔な適訳が得られる。 
(英) This paper proposes the solution for aporia in machine translation from Japanese adnominal clause to English, and provides the semantic classification of the adnominal and semantic categories: time, succession, causality, reason, situation, and contrariety. Provided that the adnominal can be paraphrased in the continuous clause(adverbial), the machine translation will be able to adopt subordinate conjunction or participial construction in English instead of relative clauses, based on the semantic classification of the adnominal clauses. The translated English sentence structure is according to the translation patterns based on information ratio between the matrix clause and the adnominal.
キーワード (和) 連体修飾 / 連体節の範疇的意味 / 連体節の連用節/シテ節への換言 / 情報の比重 / 非関係節による英訳 / / /  
(英) adnominal clause / semantic categorie / paraphrase from the adnominal to the adverbial, information ratio, patterns / information ratio / patterns / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 413, TL2009-41, pp. 7-12, 2010年2月.
資料番号 TL2009-41 
発行日 2010-01-30 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2009-41

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2010-02-06 - 2010-02-06 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 言語表現とパターン認識 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2010-02-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 関係節を用いない、連体節の英語への変換パターン 
サブタイトル(和) 情報の比重を連体節の英訳方法に取り込む 
タイトル(英) The Translation Patterns from Japanese Adnominal Clause into English 
サブタイトル(英) based on Semantic Classification of the Adnominal and Information Ratio between the Matrix Clause and the Adnominal 
キーワード(1)(和/英) 連体修飾 / adnominal clause  
キーワード(2)(和/英) 連体節の範疇的意味 / semantic categorie  
キーワード(3)(和/英) 連体節の連用節/シテ節への換言 / paraphrase from the adnominal to the adverbial, information ratio, patterns  
キーワード(4)(和/英) 情報の比重 / information ratio  
キーワード(5)(和/英) 非関係節による英訳 / patterns  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐良木 昌 / Masashi Saraki / サラキ マサシ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩垣 守彦 / Morihiko Iwagaki / イワガキ モリヒコ
第2著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-06 13:45:00 
発表時間 45 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2009-41 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.413 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2010-01-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会