電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-02-04 13:25
VoDサービスにおけるISP連携の収益配分法の比較
上山憲昭川原亮一長谷川治久NTTIN2009-127
抄録 (和) 現在,多くのISPによってVoDサービスが提供されているが,提供されているコンテンツ数は,競合既存ビジネスであるレンタルビデオと比較して1桁程度少なく,VoDサービス普及における一つの障害になっている.本問題を解決する一つの方法として,独立にVoDサービスを実施している複数のISPが提携し,各々が保有するコンテンツを相互に利用することが考えられる.しかし複数のISPが提携するためには,配信による収益を各ISPが納得する形で配分できる合理的な配分法の構築が必要となる.そこで筆者らは以前,複数ISPによるVoDサービス展開をモデル化し,合理的な配分として提携形ゲーム理論におけるシャープレイ値を用いることを提案した.一方,一般的な収益配分法としては,配信先ユーザ収容ISPや配信コンテンツ保有ISPが各配信における収益を得る配分法が考えられる.そこで本稿では,これら一般的な収益配分法による配分を導出し,シャープレイ値と比較することで,各ISPを過大もしくは過小評価する傾向について明らかにする. 
(英) Although VoD services are provided by many ISPs, the number of content provided by each VoD service is one-order smaller than that provided by rental video service, so the limited content count is one of the obstacles to become widespread. To solve this problem, we can consider that ISPs use content owned by other ISPs by collaborating with them. However, to realize a coalition among multiple ISPs, we need to establish a rational allocation of profit among ISPs which all ISPs participating the coalition can be convinced. Therefore, we proposed to use the Shapley value in the coalitional game as the rational allocation of profit. It is anticipated that ISPs accommodating receiving users or ISPs owing delivered content obtain the profit of each delivery in general. Therefore, in this paper, we derive the profit allocation when using these general allocation methods and compare them with the Shapley value. Through numerical evaluation, we clarify the tendency of under- or over-evaluating each ISP when using these general allocation methods.
キーワード (和) VoD / ISP / シャープレイ値 / / / / /  
(英) VoD / ISP / Shapley value / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 411, IN2009-127, pp. 5-10, 2010年2月.
資料番号 IN2009-127 
発行日 2010-01-28 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2009-127

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2010-02-04 - 2010-02-05 
開催地(和) 沖縄県男女共同参画センター 
開催地(英)  
テーマ(和) NGN,VoIP,FMC,自律分散ネットワーク,ソフトウェアエージェント,Webサービス,Web2.0および一般 
テーマ(英) NGN, VoIP, FMC, Distributed Autonomous Network, Software Agent, Web Service, Web2.0, etc... 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2010-02-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VoDサービスにおけるISP連携の収益配分法の比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of Profit Allocation for Coalitional VoD Service of ISPs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoD / VoD  
キーワード(2)(和/英) ISP / ISP  
キーワード(3)(和/英) シャープレイ値 / Shapley value  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上山 憲昭 / Noriaki Kamiyama / カミヤマ ノリアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-02-04 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2009-127 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.411 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2010-01-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会