電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 14:40
資源利用効率を考慮したIP網高速故障復旧技術の検討
高橋良太行松健一秋田大)・鎌村星平宮村 崇塩本公平NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) IP網での高速故障復旧を実現する方式としてIP-FRR(IP Fast Reroute)技術が提案されており,その1つにMRC(Multiple Routing Configurations)方式がある.MRC方式では事前にBackup Configurationを用いて予備経路を作成し,故障発生時には故障箇所に応じたBackup Configurationに切り替えることで高速復旧を実現する.Backup Configurationでは故障箇所とみなすリンクをプロテクトリンクとして高いリンクコストを設定する.任意の単一故障に対応するためには1つのBackup Configurationで複数のプロテクトリンクを配置する必要がある.このため,Backup Configuration上では迂回路として使用可能なリンク数が制限されてしまい特定のリンクに負荷が集中する問題が発生する.本稿では,交流トラヒックやトポロジ情報を考慮してBackup Configurationを作成することで,資源利用の効率化を行う手法を提案する.定量評価を行った結果,資源利用効率の改善効果が確認されることを示す. 
(英) The IP-FRR (IP-Fast Reroute) technologies that achieve high-speed restoration to the failure by proactive calculation in the IP network are proposed. MRC (Multiple Routing Configurations) method is one of the technologies that achieve IP-FRR. The MRC method prepares detour routes by using backup configurations. The MRC method achieves high-speed restoration by changing proper backup configuration after failures. In a backup configuration, the link cost of the link regarded as a failure point is set to a high value. Therefore, the number of links that can be used by a detour route is limited, and there is a problem that the load concentrates on a specific link. As an approach to this problem, in this paper, we propose two methods that the backup configuration creation algorithm to improve the utilization efficiency of the network resource. One of the methods is to pay attention to the amount of total traffic based on traffic matrix, and the other method is to pay attention to the node-degree of the network topology. The evaluation shows that our methods is effective that to improve the utilization efficiency of the network.
キーワード (和) IPルーチング / OSPF / IP-FRR / MRC / ネットワーク最適化 / / /  
(英) IP-Routing / OSPF / IP-FRR / MRC / Network optimization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 398, NS2009-146, pp. 25-28, 2010年1月.
資料番号 NS2009-146 
発行日 2010-01-21 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry (Fukuoka) 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 資源利用効率を考慮したIP網高速故障復旧技術の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on IP Fast Reroute using Balanced Resource Assignment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPルーチング / IP-Routing  
キーワード(2)(和/英) OSPF / OSPF  
キーワード(3)(和/英) IP-FRR / IP-FRR  
キーワード(4)(和/英) MRC / MRC  
キーワード(5)(和/英) ネットワーク最適化 / Network optimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 良太 / Ryota Takahashi / タカハシ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 行松 健一 / Ken-ichi Yukimatsu / ユキマツ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌村 星平 / Shohei Kamamura / カマムラ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮村 崇 / Takashi Miyamura / ミヤムラ タカシ
第4著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第5著者 所属(和/英) NTTネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-146 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会