電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 10:35
フレクソエレクトリック効果を利用したIPS-Proの低電圧駆動化
岡 真一郎伊東 理日立)・今山寛隆小村真一日立ディスプレイズEID2009-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-68
抄録 (和) フレクソエレクトリック効果によって発生するフレクソ分極がIPS-Pro(In-Plane Switching-Provectus)液晶ディスプレイに及ぼす影響について検討した。フレクソ分極はベンドやスプレイ変形によって誘起される分極であるため、面内で液晶が回転している横電界方式では影響が少ないと考えられてきた。しかしながらフレクソ係数を充分に大きくすることで、フレクソ分極が発生することがわかった。また、フレクソ分極を充分に大きくすることで駆動電圧が低減することが確認された。 
(英) We have studied the influences of the flexoelectric polarization on IPS-Pro LCDs which has been considered as negligible. We have found flexoelectric polarization in IPS-Pro-LCDs. Moreover the driving voltage of IPS-Pro LCDs is decreased by increasing flexoelectric coefficients sufficiently.
キーワード (和) 液晶 / LCD / IPS / IPS-Pro / フレクソ分極 / / /  
(英) Liquid Crystal / LCD / In-Plane Swiching / IPS-Pro / Flexoelectric effect / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 404, EID2009-68, pp. 87-90, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-21 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2009-68 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2009-68

研究会情報
研究会 ITE-IDY EID IEIJ-SSL IEE-EDD  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 九州大学(筑紫地区) 
開催地(英) Kyusyu Univ. (Chikushi Campus) 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-IDY 
会議コード 2010-01-IDY-EID-OMD-EDD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) フレクソエレクトリック効果を利用したIPS-Proの低電圧駆動化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of Flexoelectric Effect on IPS-Pro LCD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 液晶 / Liquid Crystal  
キーワード(2)(和/英) LCD / LCD  
キーワード(3)(和/英) IPS / In-Plane Swiching  
キーワード(4)(和/英) IPS-Pro / IPS-Pro  
キーワード(5)(和/英) フレクソ分極 / Flexoelectric effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 真一郎 / Shinichiro Oka / オカ シンイチロウ
第1著者 所属(和/英) (株)日立製作所 材料研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. Materials Research Laboratory (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊東 理 / Osamu Ito / イトウ オサム
第2著者 所属(和/英) (株)日立製作所 材料研究所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. Materials Research Laboratory (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 今山 寛隆 / Hirotaka Imayama / イマヤマ ヒロタカ
第3著者 所属(和/英) (株)日立ディスプレイズ (略称: 日立ディスプレイズ)
Hitachi Displays, Ltd. (略称: Hitachi Displays)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小村 真一 / Shinichi Komura / コムラ シンイチ
第4著者 所属(和/英) (株)日立ディスプレイズ (略称: 日立ディスプレイズ)
Hitachi Displays, Ltd. (略称: Hitachi Displays)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 10:35:00 
発表時間
申込先研究会 ITE-IDY 
資料番号 IEICE-EID2009-68 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.87-90 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会