電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 09:20
DRAMA再構成に基づいた4次元画像再構成手法の検討
今 達弥小尾高史田島英朗山口雅浩大山永昭東工大MI2009-119
抄録 (和) 生体機能情報を表す動態機能画像の推定には,PET装置から得られる時間情報を含む観測データから4次元再構成によって再構成される組織内放射能時間変化曲線(tTAC)が用いられており,機能画像の推定精度向上にはtTACの推定精度を向上させる必要がある.
本研究では,3次元の画像再構成において高速かつ高精度に画像再構成を行う手法であるDRAMA(Dynamic Row-Action Maximum-likelihood Algorithm)法を4次元再構成に拡張する方法を検討し,計算機シミュレーションによってその有効性を明らかにした. 
(英) The accuracy of the estimated parametric images strongly depends on that of the tissue Time Activity Curve (tTAC). The spatio-temporal PET reconstruction methods have been studied now but these methods cannot achieve enough accuracy in tTAC yet. And also they require much computational time. In order to solve these problems we develop the spatio-temporal reconstruction method based on the DRAMA, Dynamic Row-Action Maximum-likelihood Algorithm, which needs less iterations and achieves high accuracy as a spatial reconstruction. We derived DRAMA for spatio-temporal reconstruction and show the validation of the proposal method by computer simulations.
キーワード (和) PET / 動態機能画像 / 4次元PET画像再構成 / DRAMA / / / /  
(英) PET / Parametric Image / Spatio-temporal Reconstruction / DRAMA / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 407, MI2009-119, pp. 235-239, 2010年1月.
資料番号 MI2009-119 
発行日 2010-01-21 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2009-119

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tenbusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DRAMA再構成に基づいた4次元画像再構成手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Spatio-temporal Reconstruction Method Based on DRAMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PET / PET  
キーワード(2)(和/英) 動態機能画像 / Parametric Image  
キーワード(3)(和/英) 4次元PET画像再構成 / Spatio-temporal Reconstruction  
キーワード(4)(和/英) DRAMA / DRAMA  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今 達弥 / Tatsuya Kon / コン タツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小尾 高史 / Takashi Obi / オビ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田島 英朗 / Hideaki Tashima / タシマ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雅浩 / Masahiro Yamaguchi / ヤマグチ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 永昭 / Nagaaki Ohyama / オオヤマ ナガアキ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 09:20:00 
発表時間 10 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2009-119 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.235-239 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-MI-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会