電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 13:00
VoDサービスにおけるブロードキャスト事前配信
上山憲昭川原亮一森 達哉長谷川治久NTTNS2009-156
抄録 (和) 近年,動画コンテンツを配信要求に応じてオンデマンドに配信するVoDサービスの普及が目覚ましい.VoDサービスにおいて,配信要求量は一日の周期で大きく変化するが,ピーク時の需要に対しても安定した品質でサービスを維持する必要があり,サービスプロバイダにとってピーク時のサーバ負荷低減が課題である.そのためには同一コンテンツを要求する複数のユーザに対してマルチキャスト配信を行うことが有効であるが,ユーザのレスポンス時間が増加する.またユーザ端末やSTBをキャッシュサーバとして活用するP2P型配信も有効であるが,自律的なユーザの行動にシステムの性能が依存し,全体最適化が困難などの問題がある.またこれらの方式では,ユーザのVCR操作に対応するために配信ツリーや配信元ピアを切り替えるなどの複雑な処理が必要となる.そこで本稿では,全ユーザにコンテンツを配信要求とは無関係に事前にブロードキャスト配信することで,ユーザのレスポンス時間を増大させることなく,サーバの負荷低減を図ることを提案する.また実際のVoDシステムにおけるアクセスログデータを用いた評価を行い,提案方式の有効性を明らかにする. 
(英) VoD services in which users can request content delivery on demand has been widely used. In VoD services, the demand for content widely changes on daily scale. Because service provider is required to maintain stable service during peak hours, reducing the server load at peak hours is an important problem. Although multicast delivery in which multiple users requesting the same content are supported by one delivery session is effective to suppress the server load at peak hours, the response time of users seriously increases. P2P-assisted delivery system in which users download content from other users watching the same content is also effective to reduce the server load. However, the system performance depends on selfish user behavior, and the global optimization is difficult. Moreover, complex operation, i.e., switching the delivery multicast tree or source peers, is necessary to support VCR operation. In this paper, we propose to reduce the server load without increasing user response time by broadcasting content to all users prior requests, independently of actual requests. Through numerical evaluation using actual VoD access log data, we clarify the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) VoD / ブロードキャスト / 事前配信 / 負荷分散 / / / /  
(英) VoD / broadcast / pre-distribution / load balancing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 398, NS2009-156, pp. 83-88, 2010年1月.
資料番号 NS2009-156 
発行日 2010-01-21 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-156

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry (Fukuoka) 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VoDサービスにおけるブロードキャスト事前配信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Broadcast Pre-distribution in VoD Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VoD / VoD  
キーワード(2)(和/英) ブロードキャスト / broadcast  
キーワード(3)(和/英) 事前配信 / pre-distribution  
キーワード(4)(和/英) 負荷分散 / load balancing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上山 憲昭 / Noriaki Kamiyama / カミヤマ ノリアキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara / カワハラ リョウイチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 達哉 / Tatsuya Mori / モリ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 治久 / Haruhisa Hasegawa / ハセガワ ハルヒサ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社NTTサービスインテグレーション基盤研究所 (略称: NTT)
NTT Service Integration Laboratories, NTT Corporation. (略称: NTT Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-156 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会