お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 11:10
不規則表面散乱における確率汎関数法の更なる改良手法
田村安彦京都工繊大PN2009-73 OPE2009-211 LQE2009-193 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-211 LQE2009-193
抄録 (和) この報告では、
不規則表面散乱に対する確率汎関数法における更なる改良手法を提案している。
元となる改良手法は、先の論文[Waves in Random and Complex Media, Vol.19, no.2, pp.181-215, 2009]にて、ウィーナ解析に対する新しい数値的解析的手法として確立されている。
TM平面波入射もしくは、不規則表面の粗さ、傾斜が大きいあるいは低入射角となるTE平面波入射において、提案する更なる改良手法により不規則表面からのランダム波動場の対角近似解を基に修正した階層方程式を導き解くことで計算機資源を大幅に低減できる。
本報告では過大でない計算機資源により、光学定理を非常に良く満たす数値解が得られることを示す。 
(英) This report proposes a more improved technique on the stochastic functional approach for randomly rough surface scattering.
The original improved technique has been established in the previous paper [Waves in Random and Complex Media, Vol.19, no.2, pp.181-215, 2009] as a novel numerical-analytical method for a Wiener analysis.
By deriving modified hierarchy equations based on the diagonal approximation solution of random wavefields from random surfaces for a TM plane wave incidence or even for a TE plane wave incidence under large roughness, large slope or low grazing incidence, such a more improved technique can provide a large reduction of computational resources.
This report shows that numerical solutions satisfy the optical theorem with very good accuracy, by using non-large computational resources.
キーワード (和) 確率汎関数法 / ウィーナ・伊藤展開 / 数値確率解析 / 不規則表面 / 光学定理 / / /  
(英) stochastic functional approach / Wiener-Hermite expansion / numerical stochastic analysis / random surface / optical theorem / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-21 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-73 OPE2009-211 LQE2009-193 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-211 LQE2009-193

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2010-01-OPE-EMT-LQE-PN-EMT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 不規則表面散乱における確率汎関数法の更なる改良手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A more improved technique on the stochastic functional approach for randomly rough surface scattering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率汎関数法 / stochastic functional approach  
キーワード(2)(和/英) ウィーナ・伊藤展開 / Wiener-Hermite expansion  
キーワード(3)(和/英) 数値確率解析 / numerical stochastic analysis  
キーワード(4)(和/英) 不規則表面 / random surface  
キーワード(5)(和/英) 光学定理 / optical theorem  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 安彦 / Yasuhiko Tamura / タムラ ヤスヒコ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2009-73,IEICE-OPE2009-211,IEICE-LQE2009-193 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.401(PN), no.402(OPE), no.403(LQE) 
ページ範囲 pp.205-210 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2010-01-21,IEICE-OPE-2010-01-21,IEICE-LQE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会