電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 11:10
コンテンツ視聴環境におけるポータビリティ実現
川口金司大橋正彦水口 有遠藤智塁富士通NS2009-154
抄録 (和) 「IDポータビリティ」とは、IP化社会において、街中の端末にID認証を行うことにより、どの端末でも瞬時に自分の通信環境を再現でき、異なるプラットフォーム間でも利用者が連続的に作業を行うことができる環境である[1]。このIDポータビリティにおいては、異なる端末間で著作権保護されているコンテンツ利用を持ち運びできることが望まれるが、従来方式ではコンテンツ利用が特定端末に限定されているため困難であった。本研究では、利用者が移動した先で初めて使用する端末を用いる際に、著作権保護されているコンテンツサービスのテンポラリーユースを実現するライツアダプテーション方式を提案する。 
(英) ID Portability will provide own environment where we can make continuous operation between different any public terminals in IP network, using ID verification technology. For realizing this ID Portability, the silo type copyright issue must be solved that contents cannot be ported between any two terminals because the protection is limited in only one terminal. We will propose the rights adaptation method to solve the issue.
キーワード (和) IDポータビリティ / ドメイン / 権利適合技術 / / / / /  
(英) ID Portability / Domain / Rights Adaptation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 398, NS2009-154, pp. 71-76, 2010年1月.
資料番号 NS2009-154 
発行日 2010-01-21 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2009-154

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 福岡システムLSI総合開発センター 
開催地(英) Fukuoka Institute of System LSI Design Industry (Fukuoka) 
テーマ(和) ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般 
テーマ(英) Network Software, Network Application, SOA/SDP, NGN, IMS, API, Grid 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2010-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ視聴環境におけるポータビリティ実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of digital rights adaptation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IDポータビリティ / ID Portability  
キーワード(2)(和/英) ドメイン / Domain  
キーワード(3)(和/英) 権利適合技術 / Rights Adaptation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 金司 / Kinji Kawaguchi / カワグチ キンジ
第1著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Network Solutions Business Unit, Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 正彦 / Masahiko Ohashi / オオハシ マサヒコ
第2著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Network Solutions Business Unit, Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水口 有 / Yu Minakuchi / ミナクチ ユウ
第3著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Network Solutions Business Unit, Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 智塁 / Tomotaka Endo / エンドウ トモタカ
第4著者 所属(和/英) 富士通株式会社 (略称: 富士通)
Network Solutions Business Unit, Fujitsu Ltd. (略称: Fujitsu Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2009-154 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.398 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会