お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 11:40
2タイプガウシアン識別による新生児・幼児MR画像からの頭蓋除去法
藤本裕子兵庫県立大)・小橋昌司兵庫県立大/阪大)・若田ゆき石藏礼一兵庫医科大)・倉本 圭兵庫県立大/阪大)・今脇節朗石川病院)・廣田省三兵庫医科大)・畑 豊兵庫県立大/阪大MI2009-141
抄録 (和) 脳疾患の進行度合いの診断に,脳形状の変化や脳容積の測定はとても有効である.本研究では,T1強調またはT2強調で撮像された新生児・幼児の頭部MR画像を対象とした頭蓋除去法を提案する.本提案法では幼児は成長に伴い白質の信号値が変化することを考慮したガウシアン識別を頭部MR画像に適用することで,白質,灰白質,脳脊髄液,脂質,その他領域の存在確率マップを自動生成する.識別後,白質と灰白質の和領域の表面に,脳形状や画像特徴に関する知識に基づくファジィ動的脳表モデルを適用し最適化することで, 脳領域を自動抽出する.本提案法を,修正齢 -4 週間から 4歳1ヶ月の26名の被験者に適用した結果,良好に脳領域抽出が行えた. 
(英) It is effective to measure cerebral surface and for quantitative diagnosis of neonatal and infantile brain diseases. This paper proposes a skull stripping method for the neonatal and infantile brain in T1/ T2 magnetic resonance (MR) images. First, the proposed method discriminates several regions (white matter, gray matter, cerebrospinal fluid, fat, other) from MR images by two typed of Gaussian discriminate. Next, the proposed method initializes the surface model by the obtained white matter region and gray matter region. The surface model deformation process is based on fuzzy rules which translate physicians’ knowledge on the human brain. We applied the proposed method to 26 neonatal and infantile subjects (-4 weeks – 4 years 1 months old). The results showed that the proposed method stripped skull well from neonatal and infantile MR images.
キーワード (和) 新生児 / 幼児 / 頭蓋除去 / MR画像 / ファジィ動的モデル / ガウシアン識別 / /  
(英) infant / neonate / skull stripping / MR image / fuzzy ASM / Gaussian discriminant / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 407, MI2009-141, pp. 351-356, 2010年1月.
資料番号 MI2009-141 
発行日 2010-01-21 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2009-141

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Naha-Bunka-Tenbusu 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2010-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 2タイプガウシアン識別による新生児・幼児MR画像からの頭蓋除去法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Skull Stripping from Neonatal and Infantile Magnetic Resonance Images Using Two Types of Gaussian Discriminant 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 新生児 / infant  
キーワード(2)(和/英) 幼児 / neonate  
キーワード(3)(和/英) 頭蓋除去 / skull stripping  
キーワード(4)(和/英) MR画像 / MR image  
キーワード(5)(和/英) ファジィ動的モデル / fuzzy ASM  
キーワード(6)(和/英) ガウシアン識別 / Gaussian discriminant  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 裕子 / Yuko Fujimoto / フジモト ユウコ
第1著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院工学研究科 (略称: 兵庫県立大)
Graduate School of Engineering, University of Hyogo (略称: Univ. of Hyogo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小橋 昌司 / Syoji Kobashi / コバシ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院工学研究科/大阪大学免疫学フロンティア研究センター (略称: 兵庫県立大/阪大)
Graduate School of Engineering, University of Hyogo/Osaka University (略称: Univ. of Hyogo/Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 若田 ゆき / Yuki Wakata / ワカタ ユキ
第3著者 所属(和/英) 兵庫医科大学放射線科 (略称: 兵庫医科大)
Department of Radiology, Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo College of Medicine)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石藏 礼一 / Reiichi Ishikura / イシクラ レイイチ
第4著者 所属(和/英) 兵庫医科大学放射線科 (略称: 兵庫医科大)
Department of Radiology, Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo College of Medicine)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉本 圭 / Kei Kuramoto / クラモト ケイ
第5著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院工学研究科/大阪大学免疫学フロンティア研究センター (略称: 兵庫県立大/阪大)
Graduate School of Engineering, University of Hyogo/Osaka University (略称: Univ. of Hyogo/Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 今脇 節朗 / Seturo Imawaki / イマワキ セツロウ
第6著者 所属(和/英) 石川病院 (略称: 石川病院)
Ishikawa Hospital (略称: Ishikawa Hospital)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣田 省三 / Shozo Hirota / ヒロタ ショウゾウ
第7著者 所属(和/英) 兵庫医科大学放射線科 (略称: 兵庫医科大)
Department of Radiology, Hyogo College of Medicine (略称: Hyogo College of Medicine)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 畑 豊 / Yutaka Hata / ハタ ユカタ
第8著者 所属(和/英) 兵庫県立大学大学院工学研究科/大阪大学免疫学フロンティア研究センター (略称: 兵庫県立大/阪大)
Graduate School of Engineering, University of Hyogo/Osaka University (略称: Univ. of Hyogo/Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 11:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2009-141 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.351-356 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会