お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 13:50
後方散乱光時間分解計測による散乱係数推定法の実験的検証
川島雅之浪田 健加藤祐次清水孝一北大MBE2009-95
抄録 (和) 後方散乱光を用いた生体断層イメージングの高精度化をめざし,これまで1入射2出射系での波形演算による散乱係数推定法を考案し,シミュレーションによりその妥当性を検証してきた.今回,実験的検討により,提案手法の妥当性の検証およびその特性解析を行った.まず均一散乱媒質において,既存手法との比較を行い,同等精度の散乱係数推定が可能なことを確認した.次に,提案手法の生体への応用を念頭に,吸収係数分布不均一性の影響を調べた.散乱係数推定式から推定誤差の項を分離し,吸収不均一性パラメータとの関係を明らかにした.さらに,提案手法は既存手法よりも吸収係数分布不均一性の影響を受けにくく,実用性が高いことを確認した. 
(英) We developed a technique to estimate the reduced scattering coefficient (mus') of turbid medium by the time-resolved measurement of backscattered light, and verified its feasibility in simulation. Here, we examined the accuracy and the characteristics of the proposed technique in experiments. The estimated values agreed well with those measured by a conventional technique and with those reported by references. The effect of absorption inhomogeneity on mus' estimation was investigated. The term that represents the estimation error was successfully separated in the equation of mus' estimation. In an experimental analysis, it was confirmed that the proposed technique is less affected by the mua-inhomogeneity and more practical than conventional techniques.
キーワード (和) 散乱係数推定 / 後方散乱光 / 時間分解計測 / CTイメージング / 生体光学 / / /  
(英) Scattering coefficient estimation / Backscattering / Time-resolved measurement / CT imaging / Biomedical optics / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 406, MBE2009-95, pp. 97-102, 2010年1月.
資料番号 MBE2009-95 
発行日 2010-01-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-95

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 後方散乱光時間分解計測による散乱係数推定法の実験的検証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental verification for scattering coefficient estimation by time-resolved measurement of backscattered light 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 散乱係数推定 / Scattering coefficient estimation  
キーワード(2)(和/英) 後方散乱光 / Backscattering  
キーワード(3)(和/英) 時間分解計測 / Time-resolved measurement  
キーワード(4)(和/英) CTイメージング / CT imaging  
キーワード(5)(和/英) 生体光学 / Biomedical optics  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 雅之 / Masayuki Kawashima / カワシマ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浪田 健 / Takeshi Namita / ナミタ タケシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 祐次 / Yuji Kato / カトウ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 孝一 / Koichi Shimizu / シミズ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-95 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会