お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 11:25
縁上回への反復経頭蓋磁気刺激がP300へ与える影響
松永 淳野嶋和久岩橋正國片山喜規伊良皆啓治九大MBE2009-92
抄録 (和) 意識的にボタンを押したり,数を数えたりすることによって観測される脳内電位を事象関連電位という. 容易に弁別可能な頻度の異なる2種類の刺激をランダムに与えるオドボール課題を用いることにより,この事象関連電位の一つであるP300を観察することが出来る. 本実験では音認識に関連する脳部位である縁上回に脳の働きに対し,経頭蓋磁気刺激(TMS)を与えた場合の時間特性と抑制または促進作用のある反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)を与えた場合のP300発生への影響について調べた. TMSを与えた場合は左右の縁上回で影響が確認された. P300の潜時をrTMSを与えたときの前後で比較すると,rTMSを右縁上回に与えた場合では影響が見られないが,左縁上回では潜時が増加することが確認された. 
(英) The electric potential in brain which is observed by pushing a button consciously or counting numbers is called event-related potential(ERP). We can observe P300, one of the ERP, by using Oddball task which gives us two different kinds of stimulation that we can find the difference easily. In this experiment, we examined the time current characteristics of the supramarginal gyrus which concerns auditory recognition and how P300 influence our brains when they were given rTMS which can promote and suppress. The influence was found at the left and the right supramarginal gyrus when they were given rTMS. When we compared the latent period of P300 before and after rTMS, we found there was no difference when we gave rTMS to supramarginal gyrus but the latent period increased when it was given to the left supramarginal gyrus.
キーワード (和) TMS / rTMS / P300 / / / / /  
(英) TMS / rTMS / P300 / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, no. 406, MBE2009-92, pp. 81-84, 2010年1月.
資料番号 MBE2009-92 
発行日 2010-01-21 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2009-92

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) ME一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2010-01-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 縁上回への反復経頭蓋磁気刺激がP300へ与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effect of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) to supramarginal gyrus on P300 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TMS / TMS  
キーワード(2)(和/英) rTMS / rTMS  
キーワード(3)(和/英) P300 / P300  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松永 淳 / Atsushi Matsunaga / マツナガ アツシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野嶋 和久 / Kazuhisa Nojima / ノジマ カズヒサ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 正國 / Masakuni Iwahashi / イワハシ マサクニ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 喜規 / Yoshinori Katayama / カタヤマ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊良皆 啓治 / Keiji Iramina / イラミナ ケイジ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2009-92 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.81-84 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会