お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 13:25
QPSK光符号ラベル識別用導波路型光回路のコントラスト比の改善
牧本宜大日浦人誌後藤信夫柳谷伸一郎徳島大PN2009-76 OPE2009-214 LQE2009-196 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-214 LQE2009-196
抄録 (和) フォトニックネットワークを実現する為には、電気処理を介さず全光処理を行うノードが必要となってくる。特に、ラベルルーティングネットワークにおいて、光ラベルを識別するシステムが要求される。我々はこれまでに4 相光位相シフトキーイング(QPSK) 光符号に対応した全光ラベル識別を行う導波路型光回路を提案してきた。QPSK 光位相識別回路は、3dB 方向性結合器、Y 分岐と非対称X ジャンクションの組み合わせからなる回路である。そして、基準光パルスとQPSK 光ラベルの各パルスを別々の入力ポートから入射し干渉させ、自己ルーティング的に全ての符号に対応するラベルを識別する。基本モジュ-ルとなる光回路を位相調整回路を介してツリー状に接続することにより、複数シンボルからなる符号が識別できる。本論文では、2 シンボル識別用導波路型光デバイスのコントラスト比の改善法を示し、複数シンボルのラベル識別への拡張性に関して検討を行う。また、理論解析結果とそのBPMシミュレーションにより動作検証をした。 
(英) Optical processing is expected to realize routing nodes in photonic networks. In label routing networks, a device to recognize optical labels is required. We have proposed a waveguide type optical device for recognizing optical Quadri Phase Shift Keying (QPSK) labels. The phase identification circuit for the QPSK optical labels consists of a 3-dB directional couple, two Y-junctions and an asymmetic X-junction. By using interference between an optical QPSK pulse and identifying pulse, the circuit recognizes the optical phase. QPSK labels consisting of plural symbols can also be recognized by connecting the basic module devices in a tree structure through a phase adjustment circuit. In this paper, We propose an improvement method of the contrast ratio for the waveguide-type
optical device for two-symbol recognition and discuss its scalability to identification of plural-symbol labels. Finally,
we verify the device operation by theoretical analysis and the BPM simulation.
キーワード (和) QPSK 光符号 / 光ラベル識別 / 自己ルーティング / 光集積回路 / / / /  
(英) QPSK optical code / Optical labels recognition / Self routing / Optical integrated circuit / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-21 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-76 OPE2009-214 LQE2009-196 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-214 LQE2009-196

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2010-01-OPE-EMT-LQE-PN-EMT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) QPSK光符号ラベル識別用導波路型光回路のコントラスト比の改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of contrast ratio with waveguide-type optical circuit for QPSK label recognition 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QPSK 光符号 / QPSK optical code  
キーワード(2)(和/英) 光ラベル識別 / Optical labels recognition  
キーワード(3)(和/英) 自己ルーティング / Self routing  
キーワード(4)(和/英) 光集積回路 / Optical integrated circuit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧本 宜大 / Yoshihiro Makimoto / マキモト ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 日浦 人誌 / Hitoshi Hiura / ヒウラ ヒトシ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 信夫 / Nobuo Goto / ゴトウ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳谷 伸一郎 / Shin-ichiro Yanagiya / ヤナギヤ シンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
The University of Tokushima (略称: Univ. of Tokushima.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2009-76,IEICE-OPE2009-214,IEICE-LQE2009-196 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.401(PN), no.402(OPE), no.403(LQE) 
ページ範囲 pp.223-228 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2010-01-21,IEICE-OPE-2010-01-21,IEICE-LQE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会