お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-01-29 16:15
曲率半径が変化する凹形導体曲面からの過渡WGモード放射界の近似解析
後藤啓次河野 徹石原豊彦防衛大PN2009-82 OPE2009-220 LQE2009-202 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-220 LQE2009-202
抄録 (和) 本報告では,曲率半径が変化する凹形導体曲面の端部開口から放射される過渡ウィスパリング・ギャラリー(WG)モード放射界を近似的に解析する方法について検討する.WGモードは,ガウス形変調パルス波源によって励振されるものと仮定する.提案する近似解析法の有効性については,WGモード放射界に対する周波数領域におけるUTD(uniform GTD)解とパルス波源の周波数スペクトルの積の逆フーリエ変換を数値積分することにより得られる参照解と比較することにより明らかにする.また,導出する時間領域におけるUTD解と従来の近似解の差異および近似精度について明らかにする. 
(英) In this study, we shall examine the asymptotic analysis method for the transient whispering gallery (WG) mode radiation field radiated from an end-aperture of a variable radius of concave conducting surface. We assume that the WG mode is excited by a high-frequency pulse source with a truncated Gaussian time variation. Comparisons with the reference solution obtained by the numerical integration of the inverse Fourier transform of the product of the frequency-domain UTD (uniform GTD) solution for the WG mode radiation field and the frequency spectrum of a pulse source reveal the validity of the proposed asymptotic analysis method. We shall also clarify the differences between the time-domain UTD solution proposed in the present study and the conventional asymptotic solution.
キーワード (和) 曲率半径が変化する凹形導体曲面 / 過渡WGモード放射界 / 時間領域におけるUTD解 / / / / /  
(英) variable radius of concave conducting surface / transient WG mode radiation field / time-domain UTD solution / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 109, 2010年1月.
資料番号  
発行日 2010-01-21 (PN, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2009-82 OPE2009-220 LQE2009-202 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2009-220 LQE2009-202

研究会情報
研究会 OPE EMT LQE PN IEE-EMT  
開催期間 2010-01-28 - 2010-01-29 
開催地(和) 京大桂キャンパス、Bクラスター事務管理棟 、大会議室_A会場、桂ラウンジ_B会場 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス,フォトニック結晶・ファイバとその応用,光集積回路,光導波路素子,光スイッチング,導波路解析,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2010-01-OPE-EMT-LQE-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 曲率半径が変化する凹形導体曲面からの過渡WGモード放射界の近似解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Asymptotic Analysis of Transient WG Mode Radiation Field from a Variable Radius of Concave Conducting Surface 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 曲率半径が変化する凹形導体曲面 / variable radius of concave conducting surface  
キーワード(2)(和/英) 過渡WGモード放射界 / transient WG mode radiation field  
キーワード(3)(和/英) 時間領域におけるUTD解 / time-domain UTD solution  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 啓次 / Keiji Goto / ゴトウ ケイジ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 徹 / Toru Kawano / カワノ トオル
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 豊彦 / Toyohiko Ishihara / イシハラ トヨヒコ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-01-29 16:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2009-82,IEICE-OPE2009-220,IEICE-LQE2009-202 
巻番号(vol) IEICE-109 
号番号(no) no.401(PN), no.402(OPE), no.403(LQE) 
ページ範囲 pp.257-262 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2010-01-21,IEICE-OPE-2010-01-21,IEICE-LQE-2010-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会